福島県郡山市産豚肉から放射性セシウム107Bq/kg検出

  • 2012/05/25(金) 09:36:37

同市の養豚農家から出荷された豚肉から放射性セシウムの新基準値(100ベクレル/kg)を超えた報道が各メディア(例えば下段URLにも)から今週あった。それによれば、この豚肉は出荷差し止めとなり、飼育状況や原因を調査中とのことだった。

牛肉の場合には旧基準値の500Bq/kg超えもあったが、牧草から摂取されたことがわかっているので理解できる。豚の場合の飼料は輸入トウモロコシなどを主体とする配合飼料であるのでおやと思った。

井戸水をもし利用していれば測定する必要があろう。飼料については、輸入品であろうとも配合前の主要なすべての飼料を測定し、もし残飯のようなものを与えていたなら毎回組成は変わるので繰り返し測定する必要があろう。

混入ルートがわかれば人間の汚染ルートとの関連性も明らかになるので、原因調査により解明されることが非常に重要である。

なお、新基準値の100Bq/kgは厳しすぎるという考えのヒトも結構いるが、食品からの場合には体の中に入るわけなので内部被ばくとなり、この場合の被ばくの影響はECRR(欧州放射線リスク委員会)によれば外部被ばくの300倍くらい大きくなるとされている。
従って、規準値を超えの食品の摂取は避けるべきである。旧基準値は原子力推進団体であるICRP(国際放射線防護委員会)でさへ、原発事故後の緊急時対応として認めているものであり、平時に認めてない。

http://mainichi.jp/select/news/20120523k0000m040054000c.html

瓦礫焼却放射能汚染拡大で農産物輸入禁止の恐れ

  • 2012/05/06(日) 20:38:56

現在日本からの農産物の輸入を全面的に禁止している国は24カ国になるが、貿易取引額の小さい国が多い。
貿易取引額の大きい、アメリカ、中国、EUなどは全面禁止を福島とその周辺県に限定している。汚染が低い地域の農産物に対しても政府の産地証明あるいは放射能検査証明書の提出を義務付けている国がほとんどである。
ところが、瓦礫焼却などにより、汚染は全国的に拡大してきている。福島原発からの放出もあるので関東地方ではその影響もかなりあろう。しかし,既に農産物の輸入停止になっているので関係ない。 問題は非汚染地域のため輸出できた地域の農産物輸入禁止が起こりえるということである。既にICRP2006による非常時対応の緩やかな基準時期は過ぎており、新基準の適用は当然であろう。
 
その時になって慌てふためいても、農地の除染など簡単にできない。その時は、もう元にもどれないことである。即ち、ルビコン川を渡ってしまうことである。原発事故から1年も経過したのに、放射能汚染とはどういうものか、思考停止状態に追い込まれ、絆の思想が何よりも優先している。太平洋戦争末期、連日空襲を受けていた子供の頃、青年団の若者が竹やり訓練をしていた光景を今でも覚えているが、現在も当時もあまり変わらないような気がする。
環境省の役人が考えたことか否かは知らないが、全土汚染政策は後もどりのできない破滅的な影響を政治家は知っているだろうか?知っていたら犯罪であり、知らない場合は勉強不足でありまた罪なことであろう。いずれにしても最大の被害者は農民である。

瓦礫焼却後の焼却灰の放射性濃度が問題でなく、放射性セシウムの再飛散が問題だと何度も書いてきた。瓦礫焼却後バグフィルターで捕捉されると考えるヒトが未だにいることは不思議である。
一般焼却炉はダイオキシンを分解できる800℃以上のものが普通になった。化学物資はそれくらいの温度で分解し、無害化するものが多い。一方、放射性物質は原子核反応であり1万度でも影響を受けない。セシウムの気化温度は678℃でで比較的低いが、融点は28.4℃と非常に低いのでちょっとあたたければ液体となりこのことが極めて気化し易いことに繋がっている。気化すればアボガドロ定数(6x10^23)という天文学的数となるので、どんなフィルターも通り抜ける。水(それぞれ、100℃と0℃)を思い出して考えていただければ理解し易いように思える。

この説明について物理学の元教授の書かれた良い文章があったので重複する部分もあるが、そのまま「 」に引用させていただきます。

「800℃では放射性セシウムは完全に気体状態になる。とくに問題なのは蒸気圧の高さである。蒸気圧とは、例えば、水は100℃で沸騰し、それ以下では液体であるが、100℃以下でも空気中に気体状態の水分が含まれている。通常空気中に含まれる水分を“湿度”と呼び日常生活に溶け込んでいる。これと同様に、バグフィルターの通過ガス温度約200℃でも放射性セシウムは100パスカル(1000分の1気圧)ほどの蒸気圧があり、これら気体状態の放射性セシウムはバグフィルターに捕獲されることはない。さらに、融点が28℃近辺と低いことは放射性セシウムの原子としての結合力が低いことを意味し、200℃ほどのバグフィルター通過温度では、仮に放射性セシウムが単体であるとした場合は液体であり、固体微粒子となる他の物質に比べて極めて通過しやすい。他の原子などと結合して、微粒子になるとしても原子の結合力が他の大方の金属等に比べて弱いために、大きい微粒子は形成しにくい傾向にある。一般のごみ処理用に設計されているバグフィルターでは、かなり大量に空気中に漏れていくことが予想される。」

追記:朝起きて読み直したらマリリンモンローの歌う「the river of no returnより、ルビコン川を渡るの方が適切と修正しました。

除染対策は放射線量、地質、経過時間により変わる

  • 2011/09/17(土) 08:51:49

農水省は9月14日、農地土壌の放射性物質除染技術の開発の取組について、これまで得られた研究成果をとりまとめ、地目や放射性セシウム濃度に応じた農地土壌除染の技術的な考え方を公開した。

「基本的な削り取りでは、約4cmの削り取りで土壌の放射性セシウム濃度は10370Bq/kgから2599Bq/kgへと約75%低減できることが確認されたので最も効率が良いとあった。」

当たり前であって、こんなことは数日で確認できてしまうので、直ぐ始めて1年以内に全てを終わらせなければ、今回の成績は使えない。何故なら、セシウム層は一定速度で沈下するので1年も経ったら倍の深さまで掘らなければならず、倍の労力と汚染土が出る。すぐに適地を見つけ、明日からでも作業を始めなければならない。何年も経ったら使えない方法である。

一方、「ヒマワリは植物体地上部生重当たり52Bq/kgで、単位面積当たりの吸収量は、作付時の土壌の放射性セシウムの約1/2000であり、効果が小さいことが確認された」とあった。

1/2,000ということから元の放射線量を計算すると104,000Bq/kgということになる。こんな高線量のものを想定したのかと、元来低線量土壌向きでなかったかとも思った。またヒマワリは1m以上の高さにもなることから根は相当深いような気もする。従って、2,3年経って根のところにセシウムが沈下する頃が最適な効果を発揮でき、今年は表面すぎて吸収されないような気もする。

またカリウムの豊富なところか不足した土地かでも変わるが、またチェルノブイリでは湿地だったような記憶もあるので乾燥か湿気のある土か、さらには土のアルカリ性か酸性によっても変わるはずと思う。
チェルノブイリでヒマワリを植えることを提唱したのは日本人農業技術者との記憶もある。この方法を棄却する前に、そういう方々ともう一度議論すべきと思った。
以上のことは新聞に詳しい記載がなかったので書いたので、書くに及ばないことも結構含まれているかもしれない。

次に私の今思い浮かんだ除染対策案を書く(思いついた時追加修正します)

●放射性物質の降下(fall out)した放射線核種と量を測定すること。事故直後だったらヘリコプターとか飛行機で良かったが、今となっては政府がやっていたような土を掘り起こして図る方法で良い(従って数は限られるが)が、放射能層は地表からどれくらいの速度で沈下するのかとか、セシウムだけでなく、除染作業をする箇所のストロンチウム、プルトニウム、キュリウムは最低限測定されなければならない。この時、付随して土壌の地質も調べなければならない、酸性(この場合セシウムは溶ける筈)かアルカリ性とか粘土質か有機質(この場合セシウムは移動しにくい)、土壌中のカリウム濃度

●上記の結果に基づき、除染作業対象の設定:高汚染地域は無理のような気がするので、中程度汚染地域以下になると思う。
自治体との協議を早急に進め汚染方法と地域の設定を早急にすべきだ。

●汚染場所の指定、汚染土の保管は国際ルールに基づいてすべきである。

●除染作業員用の防御マスク(N99レベル?)と除染作業に伴う健康上の注意マニュアル作成

肥料のカリウム比率を高くすれば放射性セシウム吸収低下

  • 2011/09/05(月) 21:21:40

昨日消費者のためにキノコは検査したものを使うようにと書きました。
新聞で話題になったのは野生のキノコでしたが、シイタケとかナメコとかキノコの種類によって多少デコボコがあると思いますが、キノコというものは微生物の菌糸であり、カリウム(原子の外側の構造が似ているためセシウムも同じ扱い)を好んで取り込む。この場合、土は勿論のこと空気中を舞うセシウム(高汚染地域など)も付着すれば取り込まれるようである。詳しくは昨日のブログを読んでください。

カリウムは肥料の場合カリと略すようで、加里と漢字で書く場合があります。
カリは陽イオンなので陰イオンの物質と一緒になったものが売られています。
化合物には塩化カリウム、硫酸カリウム、炭酸カリウム、ケイ酸カリウムなどがあります。それぞれに商品名がついているかもしれませんが、表示を見れば必ず化合物名が書いてある筈です。具体的な比率などは地質などで変わりますので農業相談員などにお聞きください。

それからもうひとつは9/10日号の週刊ダイアモンド誌に汚れる米という特集があり購入しました。その中で農家の方に書いておきたいと思った記事は浅川芳裕さん(農業経営者;副編集長)の記事でした。旧ソ連政府でさえ、事故発生から1ケ月後には15万平方km(日本国土の4割)の汚染地域を指定し、4−5月後には集落ごとの汚染マップも配布した。
対策の中で最も効果的なのは肥料の配合比(3大栄養素の窒素、カリ、リン酸)の変更だった。具体的な数字は作物および土質によって変わるので近くの詳しい方に相談してください。

それから放射能に汚染された表土を剥ぎ取りながら同時に地中深く埋設する反転耕という新たな農業機械を開発し、迅速に投入した。

農業機械メーカーの方は既に着手されてはいるかと思いますが、もしまだ未着手でしたら至急お願いします。表層に放射性セシウムがある間にする必要あるので。

翻って日本の現状をみると、入口の土壌調査すら不十分であるが推定すれば、チェルノブイリの汚染地域に相当する面積は5万平方km以上で、住民を避難させた半径30km圏内の17倍以上になる。

農地の汚染マップの完成と汚染軽減計画の策定を農民自身からも強く訴え、行動していくべきと思う。
<引用はご自由に>

酪農家の方へ、尿から簡単に肉の放射能計算可能

  • 2011/07/23(土) 18:41:48

牛のセシウム137の半減期は60日なので、牛の体内に存在する全放射性セシウムの1/120ずつが毎日尿中に排泄されます。従って、尿中の放射線濃度を測定することにより、比例計算で簡単に計算できますので説明します。

式は次のようになります。

牛肉(ベクレル値/kg)X牛の体重(kg)X 1/120
=尿排泄量(L)X 尿の測定値(ベクレル/L)

牛の体重測定が必要(推定も可能,想定より少なめにしてください)
牛の1日の尿排泄量必要(雄、雌どちらが測定しやすいかも知りませんが)
         (測れない場合通常より2割位多めにしてください)
尿の放射能測定(水を測れるタイプが必要)
牛肉のベクレル値/kg(これが求める値)

次に具体的に計算するために次のように仮定してみます。

牛の体重は500kg;1日に排泄する尿量は2L;尿の放射能は20ベクレル/L
すると牛肉の放射能値(ベクレル/kg)次のようになります。

牛肉推定値(ベクレル/kg)=120/500X2X20=0.96X10=96ベクレル/kg

この計算では誤差(胆汁から便に移行する割合を無視しています)もありますし、私自身アメリカの基準170ベクレル/kgの方がより安全性が高いので、これくらいを目標に設定されておけば万一高い方に振れても日本の基準内に収まるであろうと思います。

もし高い場合60日たてばセシウム濃度は半分になります。ならない場合には餌もしくは飲み水から放射性セシウムあるいは環境中(舐めるなど)から摂取していることになります。

茶葉とか以前考えたこともありますので、農家の方という分類も作りました。
<引用はご自由に>

HOME |