検察審査会の議事録など公開せよ

  • 2011/01/31(月) 00:53:45

検察審査会の委員の平均年齢と結論が示されるだけで、それ以外全く開示されていない。
一切の情報が秘蔵されているのに、不思議なことに全国検察審査会協会連合会という組織があり、1万6000人もの会員組織ということである。
クジで選ばれて、しかも全てが非公開にされている状況下、全国組織など作り得ないことは明白であろう。この謎を考えていたら、検察審査会員はこのヒト達の中から選ばれていた可能性があると思った。1万6000人といえども全国165カ所で割ると平均100人ほどになり、以心伝心で選ぶこともできよう。議事録はおろか個々の年齢さえ隠さなければならないとすると、絶対に隠さなければならない事情があるように想像する。
というのは戦争中、敵機による空襲で逃げ惑っていた子供がどうしても理解できなかったことは大人は敵を引き寄せて、たたく作戦と皆自信を持っていたことだった。
しかし、終戦後、真実が明らかになった。大人がもし戦争に負けるというような発言をしたら反逆者として、憲兵につかまるのでそれを恐れていたとのことだった。また憲兵へのスパイというか密告者の役は誰だっかは最後まで明らかにならなかったそうである。
平均年齢さへ何度も訂正されたが、もしソフトを使ったならば平均年齢の計算間違えも起らず、この謎も解ける。以上のように検察審査会に関する情報は平均年齢以外全くないので、人によっていろんな風に解釈されるのもやむを得ないであろう。
情報公開によりかかる疑念は払拭されるであろうが、それ以上に重要なことは、村木さんのように公務員はまだ復職できるが、殆どのヒトは無罪になっても復職出来なく人生を終える。起訴されることにより、被告人は取り返しのつかない損害を被ることであり、無罪になったら、その責任は重大であり、当然損害賠償の対象にもなりえるであろう。

以上の観点から、会議における議事録は20年間は厳重に保管し、次の点は公開すべきと思う。開催日、開催場所、開催時間、出席者名の頭文字のアルファベットと年齢、例えばA.K.(50歳)は表記し、各個人の意見(例えばこういう理由で賛成、反対あるいは意見なし)。

上記したようなことは、本来はマスメディアが書くようなことである。しかし、日本のマスメディアは第二次世界大戦中から先頭にたって大本営放送(勇ましい軍歌に続いて、個々の負けた戦いをいつも大勝利と逆に報道)を流し、国民を戦争にかりたててきたので個人が書くしかない。

ハツ場ダムの建設の根拠計算式は公開すべき

  • 2011/01/24(月) 12:19:11

60年近くの歳月と半兆円近くのお金をかけた工事は、民主党政権誕生により本体工事のみであるが中断できた。このことは、民主党政権の唯一と言ってもよい成果かと思う。しかし、成果が結実する前に、再び秘密裏に根拠が与えられ、再開されようとしている。
今日の東京新聞朝刊によれば詳しい計算根拠を示さないため、専門家による検証も不可能とのことである。
この理由として最も納得できる理由は公開したら討論に耐えられない内容であることにあろう。しかし、計算根拠があって建設するわけなのでなければ建設すべきでなく、計算根拠は根本に関わる問題である。そのような大事な情報をブラックボックスに閉じ込め、非公開とすることを許して良いだろうか、国民には知る権利がある。日本に100箇もの空港が建設されたのも恣意的な計算根拠が会った為であろう。

そういえば、農水省も食糧自給率の計算根拠を開示していないが、日本の食料自給率は約40%とほとんどの国民は信じている(このことについても別途書くつもりである)。私が小学生の時、青年団員は竹藪からタケを切り出し、先を尖らせ、その竹棒でアメリカ人を一人一殺と訓練に励んでいた光景を思い出す。原始時代なら納得できるが、敵のグラマン戦闘機による機銃照射を受け、その恐さを知っていた子供は訓練を唖然と眺めるだけだった。国民が論理的思考できるか否かが日本の命運を決めると信じる。それ故、私の人生は残り少ないがこれからも提言していきたい。

GDP比較は一人当たりが重要

  • 2011/01/20(木) 20:50:43

今日のテレビ報道では中国に抜かれたということが大々的に報道されていたが、十倍も人口が違う国と比較して大騒ぎするのはおかしい。
最近、同じアジアのシンガポールに一人当たりGDPが抜かれたが、このニュースこそより価値があろう。何故、シンガポールのGDPが日本を超えたかこの原因を知ることこそ、日本の今後にとって参考になろう。例えば世界の大手製薬企業の多くはシンガポールに再先端研究所をオープンさせていることを聞いたことがあるが、そのほか色々の理由もあろう。
<引用はご自由に>

和橋の活躍に期待する

  • 2011/01/18(火) 19:22:46

和橋とは昨夜のNHKクローズアップ現代を見て初めて知った言葉である。華僑という言葉は良く知られているが、それと同じように海外に出た日本人が協力して事業などを行なうことを意味する。
日本より低賃金の中国で、言葉の壁もあるのに日本の若者が就職したり、起業したり中国に行きそこで一生懸命頑張っている人たちの生き込みは評価しなければと思う。
彼等が中国で、あるいは新興国で成功することは相手国のみならず日本にとってもとても良いことと思う。番組に出席したソフトブレーン創始者の宋さんも両国の発展に寄与が大きいのみならず、成功者は日本でも成功が期待されると発言していた。
私が大学を卒業した時の初任給は1万2千円だったが、それでも明るい未来を夢見ていた。

HOME |