ストロンチウム90測定値公表を急げ

  • 2011/04/10(日) 17:47:30

表題は昨日の東京新聞朝刊22面に明石様が書かれた見出しである。
このような要望がある半面、インタ−ネットではストロンチウムはベータ線放出なので測定が困難との記事がかなり出回っているがそんなことはない。チェルノブイル原発事故でははるかかなたから浮遊してきた粒子からストロンチュウム元素を単離し(当時でも約1週間でできた)そのベータ線を測定したことが報告(たとえば気象研究所)されている。
セシウムもストロンチウムも半減期はともに30年近くあり長いが、体内被曝という観点からは大きく違う。セシウムが筋肉などに入るので排泄が早いのに対し、ストロンチウムは骨に沈着し、そのベーター線の飛距離は約1cmなので骨髄細胞などがもろに被ばくの影響を受ける。
海外での原発事故で日本がストロンチウムを測定したように今回は逆に海外でストロンチウムを測定している。日本からの報告がなければ、海外ではセシウムとの量的関係比から日本における濃度の推定が行われるであろう。国民のためにも日本の名誉のためにも一刻も早い開示が求められる。

HOME |