福島の子供被ばくが心配

  • 2011/04/30(土) 19:59:47

今日、小佐古内閣参与の辞任の記者会見の模様をテレビで見ていたら、涙をポロリと出された。福島の子供に年間20シーベルトまで許容(この量は今回の事故の起こる前の日本における放射線従事者の年間許容量であり、現在もアメリカでの原発作業者の基準)したことへの無念さがにじみでているように受け取れた。
詳しいことは報道されなかったので、自分で概念的に試算したところ原爆作業従事者の年間被ばく量の100ミリシーベルトは外部被ばくであり、福島の子供たちの受けるのは内部被ばくと外部被ばくの合計であり、20ミリシーベルトの環境はそれに匹敵するくらいの過酷な環境(下記)ではないかと思った。子供と大人間の感受性の差が3倍くらいあることを考慮すれば逆転してしまっている可能性が高いと思う。
このような事情にも関わらず、子供への本指針がなぜ認められたのか調べたら原子力安全委員会の答申に基づいて行われたとのことだった。それで委員名を調べたら5名の委員の中に一人、小佐古教授と同じ、放射線の専門家医がいた。それなのにどうしてこのようになってしたのかその経緯を知りたいと思った。議事録を是非公開していただきたく切望する次第である。

上記の文を書いたところで、原爆作業従事者と福島の子供たちの被ばく量を大ざっぱにも試算しようとしたが、不明な点が多すぎて諦めました。それにベクレルからシーベルトの換算のとき、私の目的は1年間の影響だけで良いのになぜ、なぜ50年先までも影響をみるのかわからなかった。いずれにしても内部被ばくの影響という点に関してはまだまだ学問的にも未完成なところが多いように思った。

●原爆作業従事者(飲料、食事には放射線汚染なく、防護服、防塵マスク使用よって内部被ばくはないと仮定)―――――― 外部被ばくのみで100ミリシーベルト/年

●福島の比較的高度汚染地域の子供―――外部被ばく20ミリシーベルト/年⇒
年齢的な感度差を3倍とする---60mSv
1. 消化管より吸収
前提:
      ▼ヨウ素は物理的半減期が8日と短いので計算にいれない、
▼ セシウムは物理的半減期30年なので減衰なしと仮定、生物的半減期110日なので    
      考         ▼セシウム(飲料水、食事など口から入るもの全部で1kg、200Bqと仮定
▼  最高濃度は不明だが1日摂取量の50倍の濃度までと仮定。
               平均200Bqx50(50日後にこの値に達する)x(365-50)
               =3150000Bq
=−
2.粒子に付着したセシウムが肺に沈着。
小さな子供は地表面から舞い上がる土埃を吸いこみ易い。
   2,3μ以上の粒子は気道にある腺毛運動により逆行性に喉まで送られる痰ででるかまたは嚥下により胃に行く。1μ以下では肺胞に沈着しそこに長期間そこにとどまり放射線障害を起こす。

以上定量的にはうまく試算できなかった一因は内部被ばくの問題は個々のケースごとにそれぞれ違いが大き過ぎて膨大なデータがなければ解析できない。
今回のケースから10年後に内部被ばくに関する膨大なデータ集積されるように思う。しかし、それでは何も知らない子供達があまりにもかわいそうである。
<引用はご自由に>

HOME |