外部被ばくと内部被ばくの相違

  • 2011/05/26(木) 21:49:10

外部被ばくと内部被ばくの相違について整理します。
外部被ばくは体の外からの放射線なので放射性物質から放射される一方向の放射線しか体は受けないのに対し、内部被ばくは放射性物質が体内にあるため360度すべての方向に放射され、放射線がすべての組織を傷つけます。
体の外部に着いた放射性物質は払えば落ちますが、内部被ばくは放射性物質が物理的半減期の法則で減弱するか、体外へ排出されるといった生物学的半減期の法則に従って減弱することになる。また、外部被ばくは大気から全身にまんべんなく受けますが、内部被ばくは体内に入った放射性物質の粒子などの周りだけ強く傷つける。
そして放射性物質のちがいにより体内の組織への親和性が異なるため、たとえばヨウ素は甲状腺、ストロンチウムは骨など、体内のどこかに集まります。それで、内部被ばくは外部被ばくより何十倍も危険だと言われるます。放射性物質は空気中の塵として肺に、また水や食べ物の中に含まれて体内に入ります。

福島の子供は空気中に含まれる放射性物質からの被ばくを受けるだけでなくそこに生活していれば四六時中放射能に晒さらているわけです。
ところが1-20mSv/yと騒がれているのは外部放射線だけをカウントしているだけです。というのは先ほど森ゆう子議員のツイッターを見て、文科省の返事では内部被ばくの比率は2,3%としかないことを確認した。
子供は水を飲み、食事をし、土の上を歩き生きているわけなので、内部被ばくまで考慮し、さらに子供の感受性を掛け算すればこの直前のブログに書いたように30-600mSv/yとなってしまうわけである。

次にICRPの計算式の欠陥について書きます。

小学生の算数もできない政府とメディア

  • 2011/05/26(木) 13:26:59

今日NHKテレビを見ていたら外部被ばくで小学生の1−20mSvの問題を議論していたが、そこで欠落していたのは内部被ばく(10倍すべき)を無視していたことだった。内部被ばくを無視できないからこそ、ソ連でも1000台以上のバスで一挙に住民を移動させたわけである。チェルノブイリよりはるかに高濃度のセシウム137に汚染された地域があるのにそれほど深刻に考えられてないのは内部被ばく問題が全く無視されているからである。この問題については別途詳細に書く。
更に小さな子供では大人と違って3倍はすべきと思う。そうすると小学生の校庭における空間線量が20mSv/年は、内部被ばくを考慮し、感受性を考慮すれば最大600mSv/年となるので、大変なことであると思っていたところ、定時ニュース(9時か10時)の時間になり、産業経済省が東電に厳重注意とのニュースだった。
東電女性従業員が3mSv/年被ばくしたということを報じていたからである。
一方、小学生では内部被ばくを無視したとしても60mSv/年なので20倍も違うことになる。低い数値を罰し、高い方を容認するとは、支離滅裂な事態になったと思う。

HOME |