楽天社長の経団連脱退を支持

  • 2011/05/29(日) 08:50:17

楽天の三木谷創設者が経団連脱退をほのめかす内容をツィートされたが脱退を支持する。
戦後復興期には欧米のキャッチアップで良かったし、そういう時代には経団連の存在意義もあった。しかし、この20年来の日本の低迷期に経団連は一体どんな寄与をしただろうか?既得権益を守るだけのまるで老人クラブのように思えた。

ツイートの中で電気事業を再編する好機なのにという文言があったが、そういう思いを実現したければ、現状の経団連では考えること自体が無駄だと思う。

実際コンビニ業界で使用する日本の電気料金は海外の3倍も高いと聞いたことがある。ところが日本の電気料金を海外と比較しようと、グーグルで検索してもこういう検索からでてくるのは役所の外郭団体であり、信用できない。電気料金を先進諸国と比べたら大体2倍は高いことは間違いないであろう。発電と送電の分離など絶好のチャンスと思う。

明日の日本を担うのは国際感覚に秀でた三木谷社長のような若き実業家と思う。
ぜひ自分の思いを実現していただきたい。

HOME |