耳なしウサギや80cm丈タンポポ、今後の発生率が問題

  • 2011/05/31(火) 20:40:33

10日ほど前、この6月頃から放射線の影響が見られるであろうものとして、異常な昆虫、異常な植物、野鼠などの奇形をあげた。DNAの塩基結合は緩やかなので放射線の影響を受け易いが、細胞分裂の盛んな器官形成期に影響を最も受け易いことから3月中旬以降に影響を受けた場合にまず小動物や植物から起こるであろうと予測した。
放射線の影響を受ける結合位置は偶発的に決まることと、損傷を受けてもほとんどの場合修復されるので、サリドマイドのような固有の症状変化はなく、どんな変化が起こるかは誰にも予測できない。このことを別の言い方にすれば、耳なしウサギが何例もということでなく、耳なしウサギのように滅多に見られない変化が現れたら、そのようなくくり方でカウントする必要がある。
動物は多産なので上述のような機構により、サリドマイドとは異なり同腹仔でも1匹にしか現れないことがほとんどであろう。但し、第二世代(孫)の代では多くの場合、起きた変化は遺伝の法則に従って受け継がれていくであろう。
放射線障害の影響がが大きければ初期に恐らくアポトーシス機構により排除される。従って、同腹仔の出生数の減少(個々のケースではわからず、統計上でしかわからないが)というようなことまで意味があるだろう。
<今あまり正確に思い出せないが、染色体の数の少ないある種の花の場合、特徴的な変化が起こるという記憶もある。 ただし、そういう例は例外的なものだと思う。> ⇒<>内文章訂正:ムラサキツユクサという花の雄しべの発達中に放射線を照射(実験で)すると雄しべの毛の色の違ったものができるそうです。このとき1rem(10mSvに相当)以下の低線量まで比例関係が成立したそうです。この場合は実験室で雄しべのある時期に照射ということであったので起こる現象も再現性があったと思われる。自然界ではこのようなコントロールはできないので予測不可能が正解といえる。
いずれにしても動植物の奇形の要因はさまざまなので、ある程度の例数がなければ放射線由来か否かの判断は難しいと思う。
しかし、チェルノブイリの時代と異なって、今はインターネットがあるので、観察した当人だけが正確な情報だけを発信し、その事実を積み重ねて、良く整理すれば、人類共通の財産になるであろう。

<引用はご自由に>

日本の土壌放射能測定(2回以降)は無茶苦茶だ!

  • 2011/05/31(火) 12:23:22

放射性物質は地表に積もるので地表表面で測るのが合理的である。測定を手動でする場合も計測機を動かすだけで良く簡便にできる。更に、特殊装置を使えば、車や飛行機からも測れるので、広範囲の分布状況も迅速に測れる。世界で一般に行われている方法である。
ところが日本では土地を掘り起こし、測定場所まで持ち帰り、重量と放射能を測定するという手間がかかる方法を採用している。この数値を提示しても単位が異なるので各国との比較もできない。
アメリカのアルゴン国立研究所の核研究者のShih-Yew Chen氏は日本でセシウムのキログラム当たりの数値を、世界で一般に行われている平方メータへ換算(降ったばかりのこの時期ではセシウムが2cmより深くないと仮定)するとき50倍した。
この記事を読んでから私はBq/kgをBq/平方メータに換算するときの係数を50にした。
ところが2回目以降の測定数値は滅茶苦茶だから換算など不可能なことがわかった。こんな数値を公表されたら真面目に考えているヒトほど大きな損害を受ける。

今日の新聞で、原子力安全委員会(斑目委員長)が測定場所や測定方法の改善を提案したとの記事が掲載された。
その内容を見てびっくりした。土壌汚染は限られた範囲で40回以上も試料を採取したために、表層の汚染土地を含まない土地の測定をした可能性もあるので、現在の毎日の測定から1~3ヶ月の間隔に大幅に減らし、各地点でも複数の土地を採って混ぜるようにすべきとのことだった。
こんなことは測定を取りまとめ部署がすぐ気付き、対処すべき内容であった。ロボットが勝手に測定し、人間を介さずデータを公表していたのとなんら変わらないようなことを給料をもらっている人間ができるのか不思議に思った。
原子力安全委員会がこんな些細なことまで助言しなければならないとは何と情けないことだろうと思う。

HOME |