放射線汚水の海洋放出阻止に全力を

  • 2011/06/02(木) 09:00:43

既に人類史上例の見ない大量の放射性物質を海に放出した。現在、冷却用水は原子力内を通った極めて高濃度放射物質を含んだ汚染水となり、この汚染水は既に10万トンの満杯を越えようとした、危機的状況である。政府東電が対策を打ってくれるかと楽観していたが、何も対策をとらないように見えるのは本当に驚きだ。メガフロートは用意したが1万トンで問題にならない。プールの建設も2ケ月前なら間に合ったかも知れないが今は時間がない。今はタンカーくらいしか思いつかないが5−10万トン級の中古で良いから至急政府はチャターすべきである。もっと良い手段があるならそれを採用し一刻も迅速に行動すべきである。
海洋はすべての国につながった人類共通の財産である。ODAの予算の新規を全てストップしてでも阻止する価値はある。

HOME |