3月17日以降の放射性セシウム放出は隠ぺい?

  • 2011/07/31(日) 16:50:51

放出された放射性物質の核種の種類と量だけでなく、最も詳しく報道されている筈の放射性セシウムについても情報が隠ぺいされている可能性が極めて高い。何も知らない現場(農家など)が混乱する一因ではないかと考え、ごまかしのきかない、国際的にも通用する測定法をすべきと提言する。

IEAE提出書類は初回と訂正されたものと2回あったようである。初回のものは今見つけることが難しいが、資料(*1)の二番目の図に残っている。この図は対数表なので目の錯覚を起こしやすいことから、実際の数値に換算したらどうかと物差しで測っただけですが。

3月15日まで1,2,3および4号機の水素爆発が断続的に起き、3月18日には早くも米国でも放射性物質の降下が観察されるに至った。しかし、その後は放射性物質の大量飛散に繋がる爆発の報告も大量飛散の報告もない。

そこで3月17日以前に放出されたセシウム137の放出量を全て纏めてS1とする。
放射性物質の大量飛散の報道はなかったが3月21日に放射線物質放出の総量が報告されているので、この量をS2とする。すると対数表のため見掛け上わずかしか見えないS2の実際の量はS1とほぼ同じであることがわった。すなわちセシウム137の量は2倍になった。

更に3月31日に測定量をS3とすると、S2からS3に増えた量はS1の約半分だった。

以上をまとめると、水素爆発終了後出た放射性物質は3月17日までにほぼ降下したのに、その後報道されなかったセシウム137の放出量はそれより多く1.5倍であり、総量は約2.5倍にもなった。

このような2度にわたる放射性物質の大量放出の報道がなされていれば多くの国民はそれなりの対処もできたはずである。
この真相は明らかにされなければならない。その責任は東電、政府、マスメディアなどにあろう。

次に述べることはインターネット情報などを基にした私の考察である。しかし、真実を明らかにできるのは関係者でしかあり得ない。

S1についてはメディアからも多くの報道があり、公知なので省く。

S2について公式発表はないがishtaristさんがblog(*2)に多面的にあらゆる角度から調べられ詳細<3号機格納容器内爆発>に書かれているのでお読みください。<この時放出されたのはセシウム137と半減期が2年と短い134がほぼ同量だったが137だけしか記載されてない。>

更に原子力安全委員会委員長代理・鈴木辰二郎氏の講演後、Eisberg(*3)さんが本件に関連した質問をされたところ否定も肯定もされなかったということから私は間接的に肯定されたものと解釈した。

また21日の放射性粒子のルートについて、群馬大学の早川由紀夫教授のマップに示されたようにいわき市から海に出た後、茨城県鉾田市に上陸し、松戸市から新宿くらいまで飛んだ。
以上から極めて高い確度でS2の裏付けは取れたと思う。

S3の場合S2の半分の量であったこと、既に放出された総量(S1+S2)からみると25%量であったこと。また、このときは数回にわかれて排出されたこととか風向きが海側だったかもしれない、結局、誰も把握できなかったように思える。
2月21日から3月31日の間に起こった放射性セシウムのかなり多量な放出については私がいろいろ探たり、考えるべきものでなく、政府・東電の国民に対する職務である。

ごまかしが効かなく、生活上も役立つ放射線測定は地表面放射能測定

放射線は距離の二乗に反比例して減弱するので、一般の人が原子力発電所からの放射線による直接被ばくの影響を受けることはない。
問題になるのは原子力発電所から飛んできた空中に漂うチリなどに付着した放射性粒子である。この粒子は風に流されて飛ぶが重いものは地表面に比較的早く降下し、軽いものでも雨などにより地表面に落下する。雨の場合は水たまりなどに集積されるが、川に流れた場合は海に流れるのでその分は軽減される。
地表に積もった放射性粒子は乾燥状態では土埃とともに再び空中に舞い若干の直接被ばくの影響を与えるが、気道からの肺への取り込みという内部被ばく(5月ごろのブログに詳しく書いた)の影響がはるかに大きい。

内部被ばくの観点から地表面の放射線量の測定が重要なことがわかる。地表面での測定はベクレル/平方メータであらわされ、ガンマ線のエネルギーの波長を分析することでセシウム137と134を分けることもできる。この場合は累積された値(地中に浸みこむ減少と水に流される減少あるが)なので連続性を保てる。 例えば、ひと月の間小刻みにベントして放出した場合、従来の空中線量の測定では把握することは不可能であるがこの方法では把握することが可能である。
この測定結果は地表平方メータ当たりのベクレル値であらわさすと国際的に測定する方法と同一であり、国際的にも通用する。
土1kgなどの測定は土地を掘り起こし、その都度測定機の場所まで運ばなければならず、累積性もなく、今までも変な数値など提示したこともあったので原則廃止すべきだ。例外は農地などで年数が経過した場合の土壌中濃度測定などの場合に限定すべきだ。
*1:
http://www.asahi-net.or.jp/~pu4i-aok/cooldata2/politics/radiation.htm
*2:http://ishtarist.blogspot.com/2011/06/20113203.html
*3:http://d.hatena.ne.jp/eisberg/20110702/1309596222

<引用はご自由に>

衆議院厚生労働委員会で児玉内科医師熱弁

  • 2011/07/29(金) 13:26:00

福島原発の被害を過小評価する政府、自治体、メディア、御用学者、経済界は直接被ばくと内部被ばくの違いも正しく理解していないと解釈できる。
今の状況のままの状態で推移すれば福島原発事故はチェルノブイリをはるかに超える大惨事になろう。何十年後には人口著減という誰も否定できない明白な事実によって証明されるだろう。
しかし、それを食い止めるのが政治であり、日本人の叡智である。

以上は私の言葉であるが、7.27日衆議院厚生労働委員会で児玉先生は素晴らしい迫力で医学的見地から熱弁

<放射線総量、マップなど詳細が報告されてない以上。残された道は食品、土壌、水を日本が持つ最新鋭の機器を集めて測定することである。
例えば牛肉検査でもゲルマニウムタイプでなく、新しいイメージングタイプの機器もあり、総力を挙げて食品から環境から全てを測定できる環境を整備せよ。子どもの被曝を減少させるために新しい法律を制定すること
現行法律は高線量の放射性物質が生活空間内に存在することを想定してない。すなわち対処できる法律が存在しない。まさしく国会の怠慢だ。>

を奮るわれました。しかし、新聞でもテレビでも報道されなかったので私は知りませんでした。たまたま初めて見た方のblogで知りました。

是非多くの方に視聴していただきたくURLを紹介します。なお、このblogでは児玉先生が話された内容を丁寧にも全文書かれています。

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-626.html

生涯線量100ミリシーベルト食品安全委員会評価について

  • 2011/07/27(水) 17:52:59

部会では自然放射線および医療用放射線を除いた生涯線量を100ミリシーベルト(直接および内部被ばくを合算)が妥当とした。生涯100ミリシーベルトを年間にどう振り分けるかは政府の仕事と述べている。
100ミリシーベルトを各年度均一に配分するならまったく問題ない。しかし、部会を立ち上げたのはそろそろ枠を超えそうなので予め幅を広げておきたいという風に思えた。
そうならば、このような答申は世界初であろう。いかなる背景で出てきたかわからないのでコメントも難しい。

今回の評価を始める前の記事では子供を考慮すると書きながら、全く考慮してないどころか最大の被害者をゼロ歳児にしたものと言えよう。

以下小学生でも計算できるので具体的に説明する。
●被ばく期間:考慮なし
仮に寿命80年としたらゼロ歳児が最も累積線量が多く、もし年間10ミリシーベルトも浴びたら10年後からは限界に達してしまう。必ず汚染地域から出ていかなければならない。移動したくなければ年間1.2ミリシーベルトのところで過ごせば生涯の被ばく量は96ミリシーベルトで過ごせる。
一方、70歳のヒトは年間10ミリシーベルト浴びても寿命を終えることができよう。

●年齢別感受性差:考慮なし、今回はアメリカのJ. W. Gofman <“Radiation and Human Health”, Sierra Club books(1981)>
を参考に勝手に下記のように考えた。2歳5倍 2-7歳3倍、7−20歳2倍とし20−30歳1倍、30−40歳1/2倍、40−50歳1/4倍50-60歳1/10倍60歳以上1/50とする。
上記数字の細かな点については異論があるかもしれない。しかし、細胞分裂の盛んな細胞ほど放射線の障害が大きいことを否定する専門家は世界にいない。
よって、多少数字を変えたとしても本結論は変わらない。

生まれたばかりの赤ちゃんは10ミリシーベルトの環境で2年間過ごしたら100ミリシーベルト浴びたと同一であり、2年間で汚染地域から出なければならない。
一方、40歳以上のヒトは年間10ミリシーベルト浴びても100歳になっても汚染地域からの移住の必要はない。

年齢差が混在した国民の食品の基準を設定するとき、同一の基準で満足させることは不可能であろう。

従って、子供用の厳しい基準と大人用の緩い基準の二つ作るより解決の手段はないであろう。厚生労働省がどのような案を出すか見てみたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上述以外にややこし問題がある。半減期の短い放射性ヨウ素は考慮しなくて良いので放射性セシウムだけを問題にすれば良いだろうか?
さらに魚介類からのストロンチウムの吸収が心配されるが分析もほとんどされてない。高放射能粒子であるキュリウム(腸管吸収もある)、プルトニウムおよびアメリシウムの肺への取り込みも心配されるが測定もほとんど行われていない。まだまだ問題が山積されている。
<引用はご自由に>

「未来の福島こども基金」に賛同し、応援しました。

  • 2011/07/26(火) 22:10:41

細胞分裂は幼ければ幼いほど盛んで、放射線の影響もそれだけ強く表れる。また気道から肺に、あるいは飲食物と一緒に腸内から体内に取り込めば、放射性物質の周りの細胞は至近距離から放射能の強い影響を受ける。ところが、我が国で採用しているICRPモデルでは上記2点に十分に対応できなかった。
今、福島の子供たちは内部被ばくから逃れられない状況下に追い込まれている。
既に事故から4ケ月が過ぎ、もうこれ以上待つのでなく、自ら行動し、福島の子供たちを救おうと立ち上がったのは小児科医として開業されている黒部信一先生達だった。7月17日に福島市で「市民放射能検査所」を開所し、内部被ばく問題の取り組みの第一歩として測定機を1台購入され、市民レベルの飲食物の放射能検査を7月17日から始められました。詳しくは下記ブログを参照してください。
http://kurobe-shin.no-blog.jp/bk/2011/07/post_4994.html

25年前チェルノブイル事故後チェルノブイルの子供を助ける市民運動がドイツをはじめヨーロッパ各国で起こりました。夏休みの間だけでも子供を預かることもあったそうです。その子供達(風向きで難を逃れた首都キエフの子供たちで避難しなかったが、少しでも被ばくを軽減させてあげたいという気持ちから起きた。なお、都会なので除染し易く、多分今は放射能の心配はないと思う)の中からも今度は福島の子供を助ける番だと大使館などに申し込みがあったそうです。地理的なことや言葉やいろんな問題で実現は難しかったと思うが子供のとき受けた暖かさというのは忘れることのない思い出になるでしょう。

勿論、行政や東電が動けば理想的ですが動かない以上、放射能に怯える福島の子供をいつまでも放っておけない気持ちになっていたところ、立ち上がった人々がおられたので賛同したしだいです。人皆、それぞれの事情があると思うので、その範囲内で応援してくれる輪が増えれば本市民検査所もきっと成功すると思う。

今日の新聞で甲状腺検査を生涯検査ということで良いニュースではありますが手術を受ければ甲状腺ホルモン剤を死ぬまで摂らなければならず、予防できればそれに勝るものはない。
<引用はご自由に>

ニュートンの放射能記事レベルが週刊誌以下

  • 2011/07/26(火) 14:08:00

今日地元の自動車販売店の6ケ月点検に行った。その販売店には科学雑誌ニュートンをおいてあり、いつも読むのを楽しみにしていた。
7月号に今回の放射能に関する記事もあったが、福島県の放射能汚染マップを見たところ。日米共同発表された地図と一見したところ同じように見えた。しかし、単位が平方メータでなくて地表1mの高さに換算したμSvの値と記されていたのにはびっくりした。

今回の図は日米共同発表した地図より鮮明さにおいては優れていたが、なぜ世界標準である平方メータにしなかったかわからない、これでは過去の放射能事故との比較は一切できない。とりわけチェルノブイリと比較することはできない。勿論この値が実測値なら文句を言わないが、一次資料を何故このようなわけのわからない変換をしたのか理解できなかった。
更に双葉町地域におけるわけのわからないベクレル/kg数値の提示もあったが、それは給料をもらっている人間がロボット以下の仕事をした所産だった。詳しくは私の5月31日のブログをもし読んでいたならばこの記事は割愛されていたのにと残念に思った。

今まで他の記事においてはおかしいと思わなかった。従って、この福島記事だけに対してだけは第三者の介入があったものと想像した。

HOME |