体内セシウム25万ベクレル検出、その後報道なし

  • 2011/08/21(日) 10:43:33

ホールボディカウンター(WBC)計測で南相馬市の男性の体内放射性セシウム量が25万ベクレル(Cs-137が129746Bq でCs-134が122676Bqなので合計)と報告された後、報告を探しても見つからない。

体重が表示されてないので60kgと仮定すると約4000ベクレル/kgであり、この量は60kgのヒトのカリウム40による放射線量は57ベクレル/kgなので、実に自然放射線量の60倍にもなる。私が想像できなかった高い値であった。

1.どうしてこのような値になったか相当な理由があるかと思うが説明がない。
2.この量では何らかの症状が出る可能性もあると思ったが医師の診断報告もない。
3.セシウム体内除去剤「ラディオガルダーゼ」が福島事故後ドイツより緊急輸入された。このような高濃度のセシウムは放置できないので、当然治療に使われている筈だが、その効果はどうか?
4.書き出しのところの情報についても表示方法、検出限界など問題があるので書きたい。

しかし、情報を待てど一向に出てこないだけでなく、新たなWBC測定結果の報告もなくなってしまった。現在福島の住民の測定が行われているかも不明である。

このようなヒトで推定4000ベクレル/kgは牛肉で見つかった最高値よりはるかに高く、牛肉より大問題の筈なのに何故関心を引かなかったろうか?やはり新聞や通常のテレビでの報道がないことが原因と考えざるしかないと思う。
25万ベクレルという値は通常の食材ではあり得ないと思ってあれこれ考えていたらキノコに思いあたった。調べたら相馬市で4600ベクレル/kgのものがあったし、ドイツのバイエルン州の森の中でチェルノブイリ後4万ベクレル/kgがあったとのことでした。このようにキノコは信じられない高さのものがときどきあるようです。このような高い値のキノコ類を頻繁に食べれば十分この値に達すると納得できた。しかし、これは想像なので、実際はどうだったか重要である。多くの国民のためにも一刻も早く知らせるべき価値の高い報道であることは明らかである。隠蔽は犯罪に匹敵するであろう。

この量になるといろいろな症状が出る可能性もあろう。
特に心電図で房室伝導時間の遅延が起きていないか興味がある。なお、持病とかの関係で普遍性がない症状に関しては公表しなくて良いが放射線が否定されない症状などについては参考のため報告されるべきと思う。性別と30歳代までとかの表現で個人が特定されないようにするのはとうぜんであるが。
                       
あまり細かな点は不要だが、多分緊急輸入した製品が使われるだろうが生物学的半減期をどれくらい短くできるか興味がある。

幼児では10kgくらいから大人で100kgまで体重のバラツキがあり、今の表示は非科学的である。ベラルーシの部屋ブログ(Link5)を参照してもらえればわかりますがベラルーシではバスに簡易型WBC(検出感度5ベクレル/kg<食品も検出感度の表示は必要だが、日本では測定方法に関係ない暫定基準値に合格すればゼロで表すことが多く、非科学的である>)を積みバスで移動し住民の被ばく検査をして必ずXXベクレル/kgで報告するそうです。これは当然なことをしているだけで、おかしいのは日本の方である。
<引用はご自由に>

HOME |