間違った放射線記事を現在も書き続ける新聞

  • 2011/08/23(火) 14:33:43

今日の新聞4面に3分でわかるQ&Aコーナーの質問コーナーで

「Q:原発事故で他の(放射性ヨウ素とセシウム)飛散した放射性物質は?
A::約29年で半分に減るストロンチウム90と2万4千年後にようやく半分に減るプルトニウム239なども飛び散ったが。しかし、気体になりにくく遠くまで飛散せず、原発付近でしか見つかっていない。生活する上で心配ない。」

この文章の中で、しかし以降の文章は間違いだらけなので説明する。
セシウムとヨウ素は気体になって遠くまで飛んだがストロンチウムとプルトニウムは気体になりにくいので遠くまで飛ばなかったと解釈できるが、4種全てが気体にならない。

4種の重さ(質量)はストロンチウム、ヨウ素、セシウム、プルトニウムの順で重くなる。放射性物質が遠くへ飛ぶのは空気中に飛散する粒子に付着して飛ぶのであって原子の質量よりも浮遊粒子の影響が大きい。

4核種は福島でも、東京でも、アメリカ各地(直近20年間で最も高い値)でも計測されている。高放射性粒子も原発敷地付近と飯館村はほぼ同じ濃度が測定されている<英文雑誌に発表されたものを読み次第、このブログで紹介します>。

生活上の影響を考える場合には放出された放射性原子の個数でみるのが最も合理的である。それで見ると最も多いのはセシウムで、次いでストロンチウム、ヨウ素、プルトニウムである。 

因みに放射性の壊変数であるベクレル量で放出された量の順序をみると。最大はヨウ素、次いでセシウム、ストロンチウム、プルトニウムの順である。ヨウ素が既に問題にならないことを考えればこの順での表示の価値が低いことが容易に理解できる。

現在ストロンチウムが話題になっていないのは測定が大変だから実施してないだけである。
何故なら、既に空気中に放出されたストロンチウムだけで89が2000兆ベクレル、90が140兆ベクレルである。ストロンチウムは骨に沈着し、生物的半減期が50年であり、今後測定が行われる度に深刻な状況が明らかになり、セシウムより大きな被害を与えることが次第に理解されてくるであろう。
 
メディアにいるヒトは入ってきた情報を脊髄反射のごとく瞬時に右から左へ流すのでなく、自分の頭で咀嚼して書いていただきたい。
<引用はご自由に>

10Sv点発見、造血幹細胞の事前採取を急げ!

  • 2011/08/23(火) 00:17:10

造血幹細胞の移植後最も重要なことは自己と認識されることなので、虎の病院の谷口医師が中心になり熱心に進めておられることを知って頼もしく思った。実施する上で最大のネックであろう医療側が推進側だし、何か月前に、仙谷副長官も了解してくれたとの記事を読んだ後、障害になるものは何もないと楽観していた。

8/19の日経ビジネスオンラインで技術関連の作家、山根一眞さんの造血幹細胞の事前採取、不要見解をめぐるヤミを読んで吃驚した。

もし問題があるとすれば、費用だが、1000人でも1.5-5億円あればということであったので、一人で退職金を5億円も貰うヒトもいるのだから全く問題にならない額だと思う。とすると反対意見など出ようがないと考えるのが自然であろう。

内閣府の原子力安全委員会(班目委員長)が、その「自家造血幹細胞移植は不要」としていたことが明かになり、更に日本学術会議東日本大震災対策委員会がそれに追いうちをかける声明を出したということであった。しかし、日本学術会議の委員会というものは開催まで怪しいことがわかった。

姿を見せたのは班目委員長だけだが、姿を見せない勢力がからんでいるようにも思えた。

平均年齢の訂正を繰り返した検察審査会は少なくとも動機は推定できた。

今回は動機がさっぱり推測できないので不気味だ。

福島原発事故が起きてしまった現在、これ以上の悪化を食い止めることは至上の課題である。
その課題をこなすために、原発作業者はいつ起こるかわからない直接被ばくの危険性も顧みず、現場で必死の作業をしている。10シーベルトを超える箇所も見つかり、その必要性は益々重要になった。
このように最も過酷な仕事に従事している人たちに万一の事態が生じれば、最大限の治療を施してあげるのは政府の当然の義務である。

多忙な医療側の人たちも瀕死の人たちを救うために献身の手をさしのべようとしている。
 
このような不条理が通る社会であってはならない!
再び「Time for Outrage」憤慨せよと、ネットユーザーの皆さんと一緒に叫びたい。
<引用はご自由に>

HOME |