原発事故による最大の影響はDNA損傷に伴う遺伝障害

  • 2011/08/30(火) 22:50:37

プロローグ:報道されない真実
福島原発から多量の放射線が放出されたとき、原爆や原発事故における過去のデータから将来がんになる確率が100ミリシーベルト/年で0.5%増加するが、それ以下の量で明確な影響は分からない旨の説明が繰り返し行われた。私はこの報道に非常な違和感を持った。

線量の単位はベクレルで表され、1個の原子核が1秒に1回壊れることを計測できるなど原子核エネルギーは莫大で百万エレクトロンボルト(MeV)もある。一方、通常の化学反応では、1分子の反応で生成されるエネルギーは、一桁のエレクトロンボルト(eV)単位しかなく、100万倍も違う。このようなエネルギー差があってはDNAの塩基結合の破綻など容易だろうし、生物は進化の過程で何種類もの修復機構を獲得したとはいえ、複製のため二重鎖が開く時期では間違いも多くなろう。

7月になりEisbergさんが翻訳された、ドイツ人医師の「チェルノブイリは遺伝子の中で荒れ狂う」を読んで、チェルノブイリは遺伝子の中で猛威を振るっています。いえ、遺伝子だけではない、遺伝子が操作するすべての細胞にチェルノブイリが巣食っているのです。という話を聞いて多様な症状の根源は遺伝子にあることを悟った。

今日偶然 平成6年12月16日の国会議事録(第131回国会 厚生委員会 第9号)を見つけた。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/131/1210/13112061210009a.html
⇒今日見たら国会議事録まで削除されており、仰天しました。9月7日記入
会議録は膨大で関係箇所を探すのも大変かと思うので要点だけ書きだす。

「1982年、W・L・ラッセルという人が数百万匹のマウスを使って十年余にわたった実験を行った。----大阪大学医学部の近藤元教授の本の中で繰り返し引用されている言葉を申し上げたい---
 今申し上げましたように、数百万匹のマウスを十余年間使ったということは、三年で一代と説明してますが<1年で1、2代できてしまう筈です>少なくとも10(?)代以上にわたって実験をしてきた目的は遺伝子障害を見るためです。-----このラッセルという人は大実験をやっているわけです。
数百万匹のマウス、十年以上と言葉では言いますけれども、大変なものですよ。ですから、この大実験を私たちは拳々服膺しなければならないんじゃないか、こう思います。
 ラッセルさんの結論は、どんな微量の放射線でも性細胞に被曝をいたしますと、つまり性細胞に刻印をされると放射線によってDNAに障害が起きます、それは子孫に突然変異を増加させることになる、これは人間にとって将来が極めて危険であることを示している、これは国際合意に達している。
 しかも、人類の遺伝子プールに一遍入りますと簡単には排除できないということなんです。つまり、蓄積をする一方である。だから、私はチェルノブイリと広島、長崎は同じだと思うんです。あの大事故が起きて、チェルノブイリのときの放射能ちりは地球を駆け回ったわけだ。日本にだって数週間後に来ているんです。あのころ、新聞紙がなんか頭につけて、雨が降るとこんなふうにして逃げているようなのが新聞にも出ていました。間違いなく来たんです。ですから、放射能ちりは世界を駆けめぐるわけだ。広島も長崎も同じだと思います。
 したがって、原爆攻撃をしたということは、広島、長崎を攻撃しただけではない、人類の遺伝子に影響を与えるような攻撃をしたんだということを私は改めて申し上げたいわけです。」--引用はここで止めますが雌の場合は遺伝子修復機構が働くとかの記事もありますので時間のある方はお読みください。

17年前の国会において放射線障害における最も危険なことは遺伝子障害であり、どんな微量であっても遺伝子に影響を与えること、またこの事実は国際的にも合意されたことを明らかにしている。なお、引用記事で話されている高桑栄松議員は医師でもありました。
本会議の出席者に私の知っている名前はなかったが、17年も経つと政治家は入れ替わっていると思う。しかし、ほとんど全ての専門家は世界公認の事実を知っている筈である。
それにしても半年も伏せることができたのは不思議だ。
<引用はご自由に>

HOME |