原発作業員の被曝線量、福島第一から移動時リセット

  • 2011/09/01(木) 22:33:17

赤旗新聞を購読していないので、8月14日付け記事なので随分遅れたが、紹介します。
タイトルに「原発作業員、福島第1は別枠、他の原発移動時に被曝線量ゼロに」 の記事があった。
もし書いていることが事実なら重大な法律違反であり、警察の捜査が入っても当然の案件だと思う。
何故なら、原発作業者にとって被曝管理は命綱である。もし、福島原発作業後被曝量をリセットされるならば250ミリシーベルトという数字が全く意味をなさない。
しかも、監督官庁である厚生労働省の見解の元に実施したということである。法治国家である日本は全て法律に基づいて運営されている。
官僚も民間企業である東電も日本の法律を守る義務がある。

政府は今回の原発事故により、それまでの100ミリシーベルトから2.5倍に引き上げた。それでも低いと思うなら法律を変えるべきであって、法律違反だけは許されない行為である事は自明である。

先日、福島原発作業員が白血病で亡くなったが、被曝線量が0.5ミリシーベルトなので放射線による影響ではないと東電が発表した。
まさか、リセットされていたことはないだろうか?

ヒトの命にかかわる問題を正々堂々と法律違反する行為が許されてはならない。「Time for Outrage! 憤慨せよ」と皆さんと声をあげたい。

プルトニウム239の76兆Bqは2100万Bqの間違い

  • 2011/09/01(木) 00:26:59

放射線問題から生物へ影響の方に軸足を移すつもりで書いていたところ、プルトニウム239が政府発表と異なり76兆ベクレル排出されたとのネットニュースが流れ出したので、調べたところ海外発だった。

ネブツニウム239(半減期2.4日)の76兆ベクレルは今はほとんどがプルトニウム239(半減期2万4065年)になった。

この計算は半減期の長さに反比例させればよいので小学生でもできる簡単なものである。そうすると76兆x2.4/24065x365 =2100万Bq

こういう簡単なうっかりミスも生じるほど今の政府に海外メディアが信頼してないことかも知れない。

HOME |