祝、食品安全委員会生涯100ミリシーベルト答申

  • 2011/10/28(金) 10:19:16

8月に食品安全委員会の意見交換会に出席したが、その時は厳しくという意見が、緩くすべきとの意見よりも多かったがその差はわずかな印象を受けた。また参考資料検討結果では、一番信頼のおけるのは広島・長崎の原爆データという話もあり、私はセシウムの降下量が数千倍{当時私は1万倍と計算していたが広島の濃度の誤差を考えて少し低めに発言}にも違うのに参考になるのかと質問}したが、その後、多量のパブリックコメントがあり、9月の答申予定が遅れており気にしていた。

昨日、内閣府・食品安全委員会は「生涯の累積で100ミリシーベルト以下」とする評価案を厚生労働省に答申した。
今日の新聞によれば<食品安全委員会の健康影響評価を受け、厚生労働省は31日に審議会を開き、食品ごとの具体的な規制値作りを本格化させる。小宮山洋子厚労相は「さらに安全性を確保する必要がある」との見通しを示しており、厚労省は今後、最近の食品ごとの検査結果などを踏まえながら見直し作業を進め、年内にも新たな規制値案をまとめる。乳幼児に絞った規制値の新設も検討する見通し。>

現行の暫定基準値は5ミリシーベルトなので、新基準では人生80歳として100/80=1.25ミリシーベルト/年になる。従って、現行基準より、4倍厳しくなる。
従って、そのままスライドさせれば現行の食品500ベクレル/kgは125ベクレル/kgになる。また乳幼児用に絞った規制値も新設されるとのことなのでこの点も評価する。 私はこの案通り、現行のような荒いサンプリング検査でなく、全食品(あるいは工場の抜き打ち検査のような統計的手法に合致した検査)で実施されるならば、各国が取る日本食品に対する規制も緩和され、観光客の増加にもつながるかと思う。

以上、内容の良い面について述べたが、少しマイナス面もあるのでそれについて述べる。当初の案は外部と内部被ばく両方合わせて年100メリシーベルト案であったが、外部被ばく分は除かれたこと。ただし、文科省や厚生労働省管轄の外部被ばく分を含んでいたのでは一歩も前に進まないのでやむをえないかと思う。

また魚貝類や海藻のストロンチウム検査、キュウリウムなどの高放射能粒子の検査はほとんどされてないので今後の情報に注意する必要があろう。
また内部被ばくの影響に関する情報は少ないが、ヨーロッパでは低線量被ばくに関する研究や解析が行われているので、セシウムに関しても新たな展開があればこのブログでも報告したい。

HOME |