放射性セシウムによる福島の子供の心臓病増加の危機

  • 2011/12/17(土) 21:59:25

9月頃、福島の高校生が体育授業中に心停止し、先生がAED(自動体外式除細動器)で心臓を刺激したが心収縮がないまま死亡したという記事を読んだ。その時、房室結節における内向き整流型カリウムイオンチャンネルが放射性セシウムによって影響を受けたのではないかと私は想像した。その後そのような報道がないか注意を払ってきたが、見つからなかった。
報道がない以上、偶発的な1例と考えざるをえなかった。<まさかメディアが報道規制してることはないと思うが>

ところがECCRのバスビー議長は、タイトルのような福島の子供たちの心臓病増加の危機感を持っており、日本語の字幕もあるので下記youtube視聴をお勧めします。

http://www.youtube.com/watch?v=OmTz_VuFovQ

前からバズビー博士は実験的裏付けを根拠にして、心筋細胞(脳細胞も同じ)では細胞の増殖(細胞数が増えること)はゆっくりで1年間に1%しか再生しない。ゆえに心筋細胞が放射線障害により大量のプログラム死を起すと心筋萎縮が起こり、その結果、心蔵は小さくなる。子供では50ベクレル/kgから危険だと主張している。<これらの計算は既に実施済みで、近いうちにWEB上でこうひょうするとのことである。
この影響があるか否かは心電図記録でわかるので、早急に福島の子供たちの心電図計測をすべきである。

HOME |