12月15日放送の「あさイチ」テレビに対するコメント

  • 2011/12/22(木) 00:45:57

この放送についてはいろいろ注文をつけてきたのに、忙しい事情があって12月15日の「あさイチ」テレビについて見なかった。1週間遅れてしまったが、幸いkiikocyanブログにその時の書き起こし文があったので、それを読みながら書くしだいです。

前回セシウム134のピーク値と読み取った値は、機械の調整不具合いで実はビスマス214との説明だった。このビスマス214は自然界に存在していることだった。ビスマス214の半減期を調べると20分である。このように短命な核種が検出されるほど存在するものだろうかと思った。

もし至る所に存在しているならばメーカは徹底的に機械調整している筈と思う。また、通常の分析測定では標準物質を用いて校正するが、そういう基本的なことも抑えてなかったとは随分お粗末だ。

また、10月17日放送時は通常より非常に長い時間を掛けて測定したので、ゼロ表示<本来は検出限界値などの表現を用いるべきだったので、その面では今回は進歩した>。
しかし、今回はヒトケタ数値であり、検出限界値が一挙にあがってしまった。

カリウムの測定については45億年に1回しか起こりえないようなミステリアスな出来事と以前書いた。
案の定、放送から2か月してもまだ説明できなかった。測定機の置いてあるコンクリートがカルウム40で汚染されたとかで検討中とのことであるが、カリウムの存在を放送後、知るとはあきれた。
また、カリウム40から出る放射線は鉛板で遮蔽すれば遮断できる筈である。

HOME |