島田市試験焼却後、放射線量が上がった報告

  • 2012/02/19(日) 20:59:47

瓦礫問題については1月15日のブログに詳しく書いたので、そこを読んでいただきたい。
瓦礫焼却で問題になるのは焼却灰中の放射線性物質の濃度ではなく、空気中の再飛散である。すなわち、第二の福島原発事故と同じ影響が出ることを海外のヒトは心配している。
というのはセシウムは気化しやすく、気化状態では如何なるフィルターも補足できない。このことはアボガドロ数を知っているヒトの常識である。

今回、試験的な瓦礫焼却で、早くも濃度の上昇が認められたとのことは、今後起こるであろう、重大な問題を示唆する。
もっとも、現時点では瓦礫焼却に関心ある一市民の測定であり、詳細なことはわからない。しかし、この線量上昇は誰でも測れることなので、今後多くのヒトが測定し、真実が明確になるのに時間はかからないであろう。

今年の茶葉検査で陽性となれば単に静岡県の問題でなく、主要国は瓦礫焼却を行うところの全ての県の農産物の輸出禁止に至るであろう。そうなれば観光業にも当然影響は出よう。
もっと大きな問題は焼却場周辺の住民の健康問題である。

なお、被害があきらかになった場合には、今回の賠償責任は東京電力でなく環境大臣および市長が追うべき問題であろう。


福島の女性が歌う文部省唱歌「ふるさと」が反原発の歌?

  • 2012/02/19(日) 01:10:51

院長の独り言のブログを見ていたら経産省前テント撤去命令緊急抗議集会(2012年1月27日)の解散時、何人かの女性たちが自然発生的に歌い出した歌とのことだった。

私も子供の頃を思い出し、しみじみと聴いた。 故郷を失った福島の女性たちが、強い望郷の念にもかかわらず、いつ叶うかわからない帰郷、悲しさ、悔しさに満ちた歌と思った。戦前から小学校唱歌であり、反原発の歌詞など何ひとつないが、それにもかかわらず、私が感じたと同じように多くのヒトにも、このような思いを二度と繰り返してはならないとの思いを抱かせる良い歌と思った。
奥ゆかしい日本女性だからこそ、自然発生的に唄えたと思う。

以下院長のブログから引用させていただきました。
「故郷」の歌詞
1.兎追いし かの山
  小鮒釣りし かの川
  夢は今も 巡りて
  忘れがたき 故郷
2 いかにいます 父母
  つつがなきや ともがき
  雨に風に つけても
  思いいづる 故郷
3 こころざしを はたして
  いつの日にか 帰らん
  山は青き 故郷
  水は清き 故郷

歌はhttp://takurou.co-site.jp/syoka/hurusato.htmlで聞けます

HOME |