児玉教授の「国土を守り国民とともに生きる5項目提案」に感銘

  • 2012/03/26(月) 20:33:32

今回紹介する提案は東大アイソトープセンター長でもある児玉龍彦教授が下記URLで提案されたものです。豊富な図でわかり易く提示されているので先生の書かれたことをURLにて紹介させていただきます。
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/info/twg/dai4/siryou1.pdf

タイトルに挙げた「国土を守り国民とともに生きる5項目提案」の提案は資料の後半に書いてあり、読んで下さればわかることですので、この説明は割愛します。
私は副題として勝手に「低線量被ばくにはICRPのシーベルト論は適用できず」を勝手に追加したく思い、そのことに関連して常日頃思ってきたこと書きます。

今回の福島事故の被ばくの影響に関しては、シーベルトの数値だけがひとり歩きし、それを基に、政府、メディアは一体となって安全神話をふりまいているのが現状である。
そこには最近の進展著しいゲノム科学も分子生物学も、病理形態学的知見、電気生理学分野からの考察もない。
かかる分野の研究者たちの直接の研究テーマでないことはわかるが、自分の持っている学問的知識を応用し、自分なりの考えを発信できないだろうかとの思いがあった。
何故なら、放射線によるDNA損傷および修復メカニズムは生物共通であり、基本的に動物で起こることはヒトでも起こるとみなすのが合理的な考えである。最先端の研究者たちは一斉に沈黙を守っているし、チェルノブイリで起きていることにも全く無関心である。ノーベル賞受賞者の医師達による子供が20mSv地域に住み続けるニューヨークからの警告も無視された。

このような背景にあっただけに、内科医の児玉先生の提案には感銘を受けた。

最新の知見を基に、カラー図で示してくれましたので、どういうことが起きたかを技術用語の意味など知らなくてもイメージとしてとらえ、理解されるのではと思います。

図1−4は甲状腺がんが起こるメカニズムについて、最新のゲノム科学に基づいて説明しています。小児甲状腺がんは全部で4000人に起こりピークは十年後であることが分かります。

図5は病理学者だった福島博士によるチェルノブイリ汚染地区の住民の膀胱の生検組織での早期がんおよび増殖性膀胱炎が示されており、このような前癌状況は尿に放射性セシウム6ベクレル/Lから見られることが明らかになった。これらに関連した8報の論文も記載されている。

なお、私の記憶から付け足すと、尿中のカリウム濃度は変動<細胞内のカリウム濃度は高く、細胞外濃度は低く、この濃度比は各臓器細胞ごとに静止状態では一定である>するが、放射性カリウムもこれ位のベクレル値を示すことが多いが発がん性の報告はない。

水俣病で有機水銀と無機水銀で毒性に決定的な違いがあったように、カリウムとセシウムは違う代謝経路をもつことを理解する必要がある。

従って、自然に存在する放射性カリウムと放射性セシウムをシーベルト値が同じだからといって同列に評価できない。即ちICRPによる低線量被ばく理論は最新のゲノム科学から否定されたことを意味する。

今回は癌に関することですが、今現実に起きている可能性の高いことは心疾患であり、この場合には心筋に取り込まれたセシウム濃度とのアポトーシスの関連性から心筋細胞の欠損率の計算、AEDも無効な場合にはカリウムイオンチャンネルの障害を電気生理的にも解明する必要があろう。そのほか多様な症状が観察されているので、多くの基礎研究者からの提示が待たれる。

HOME |