放射性ヨウ素甲状腺癌対策の第一歩は被ばく線量の把握

  • 2012/04/11(水) 10:27:34

チェルノブイリ原発事故後の小児甲状腺がんが3,4年以降観察されだしたから日本でも急ぐ必要はないとの見解があるが、その考えを持てば未曾有の大惨事になる可能性がある。

理由は至極簡単である。チェルノブイリの場合、かなり高所で爆発したので放射性ヨー素は広範囲に分布したのでその分濃度は薄くなることになる。
今回の福島原発事故では原発1,2,3、4(プールの核燃料棒)号機とあり、しかも放出は水素爆発、ベント及び核爆発(公表されてないだけで専門家には常識)と3種類もある。核爆発以外は低空での放出であり、局所的に極めて高濃度の放射性ヨー素のプルームが襲った可能性がある。
この時期の一番高濃度の分布状況は未だに公表されてない。一刻も早く公表すべきである。このことが対策の第一歩である。

例えば弘前大学の医療チームが福島県の大人の吸入量から小児甲状腺の等価被曝量を推定したところ、一歳児なら約800mSv(10日ほど前のNHKのETV特集で)という驚くべき数値だった。このような高濃度の被曝をした子が実際に存在していたなら、重症化が想定されるので、全力をあげて高濃度分布地域を特定し、そこで過ごした子供を探し、とりあえずはエコー検査をすべきだ。従って、高濃度汚染地域の場所と時間およびそこで過ごした子供の発掘という作業がまず必要だ。なお、情報を隠蔽工作をすることは、犯罪行為と私は思う。

次に福島県で実施した小児甲状腺エコー検査では実に3割の子供に甲状腺異常が見つかったが、すべて良性と判断された。しかし、チェルノブイリにおける潜伏期間から類推することは間違いの原因になろう。というのは福島とチェルノブイリでは被ばく状況も全く異なるので、チェルノブイリから潜伏期間を類推することは危険である。甲状腺がんの場合数%と率は低いが、もし未分化甲状腺癌という、極めて増殖速度の早いものもある。高濃度被ばくということから、万一、このような状態になれば、潜伏期間という考えはあてはまらないであろう。もちろんチェルノブイリと同じような推移を辿る可能性があることも否定しないが。

良性との判断根拠が提示されていないのでよくわからないが、日経メディカルの記事ではこの時期の検査は対照という表現があった。もしそうならば、山形県や秋田県の汚染が低い地域のこどもの甲状腺エコー検査を実施し、福島の子供との対比をすることでしか対照群は得られない。なぜなら、被爆後の子供を検査し、対照群とするなど、そんな国は世界のどこを探してもありえない。

次に福島の甲状腺に異常が認められた子供の次回の検査は2年後とされているが、そんなに待っては手遅れの可能性が高く、半年から遅くても1年以内に再検査を実施すべきと思う。

HOME |