東京湾の海底土の放射性セシウムが7カ月で数倍増加

  • 2012/05/14(月) 00:05:42

今日のヨミウリ・オンラインによれば、

「 東京湾の海底土に含まれる放射性セシウムが、昨年8月から約7か月間で1・5〜13倍に増えたことが、近畿大の調査で分かった。同大の山崎秀夫教授(環境解析学)は今年4月2日、荒川の河口付近など東京湾内の3か所で海底土を採取し、分析した。深さ1メートルまでの土に含まれるセシウムの量は1平方メートルあたり7305〜2万7213ベクレルで、昨年8月20日の調査結果(同578〜1万8242ベクレル)を3か所とも上回った。 海底面から深さ6センチまでのセシウム濃度(1キロ・グラムあたり)は321〜397ベクレルで、やはり8月20日の調査結果(75〜320ベクレル)を上回った。河川の泥にたまったセシウムが少しずつ東京湾に流れ込んでいるためとみられる。」

関東一帯に降った放射性セシウムを集積し、東京湾に注ぐ利根川の量より、太平洋による海水による希釈より大きかったために上昇したと考えられる。
従って、この傾向がプラトーに達するまで、この考えは適用できるので、今後も継続的な測定が必要である。なお、今回は大学の自主的な測定であったので少数箇所で詳細な全容はわからない。早急に国や東京都はもっと測定点を大幅に増やし、継続的に測定す必要がある。

それと同時に、東京湾で捕獲されている魚のすべての放射能測定を実施し、さらに将来も一定間隔で継続して測定を行うことも必要である。
大規模な検査が行われ、数値で安心が保証されない限り、東京湾で捕獲された魚を食べることは避けるべきである。

HOME |