電力会社管理職社員が福島事故で死者は今後も一人も出ない。

  • 2012/07/17(火) 22:20:49

今朝のテレビを見ていたら、エネルギー・環境会議の意見聴取会の名古屋会場で中部電力の社員が福島原発事故による死者は一人も出ていないし、これからも出ないであろうと発言したとのことで吃驚した。
夕方のテレビでは幹部社員との説明だったので、会社がこんな認識で運営していることこそ、問題の根源だと思った。史上最悪の原子力事故に対してさえ、このような認識で原子力推進に邁進するならば、事故軽視につながり、わが国の原子力発電事故は起きてもおかしくないことになる。

次にチェルノブイリと福島の被ばく影響の比較であるが、26年経過したチェルノブイリでさえ、遺伝子を介する影響が深刻化してきているので、福島の全容はこれから長い期間の間に徐々に明らかになるものであろう。

しかし、長い時間がかかるので現在得られた情報から類推してみたい。
チェルノブイリは石棺かできたのに対し福島は今なお膨大な放射性物質を排出しており総量の比較はできないが、初期放出量に関しても核種も多様で全容がよくわからない。主要な核種の放出量の比較でもチェルノブイリの15%から数倍説まである。
またチェルノブイリが原子炉一基の水蒸気爆発だったのに対し、福島では4箇所の原子炉が関係し、放出形態もベントによる排出、水素爆発および核爆発(公式発表はないが国内および海外の核専門家による常識)と多様であり、比較は難しく、むしろ生物的影響を基に比較した方が容易である。

福島とチェルノブイリの類似した鳥について国際チームが双方の原発近くに住む鳥について検討したところ、個体数の減少は福島がチェルノブイリより大きかった。従ってチェルノブイリ以上の被害になるものとみなすのが自然であろう。

チェルノブイリの被害者数に関して私が最も信頼しているのは、ニューヨークアカデミーから発行されたChernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environment 『チェルノブイリ――大惨事が人と環境に与えた影響』(2009年)である。これを読めば被害者数は百万人であることがわかる。そうすれば福島の被害者数も推定可能である。なお同本による犠牲者数は医学的見地からの数であり、放射能被害からくる経済的(住宅、栄養劣化からくるストレスなどを介する死)、精神的(自殺)、遺伝的な影響(不妊、奇形、流産、死産、堕胎)は含くまれないのでそれらを加味すればさらに膨大なものになろう。

幹部社員がこの本を読んだことがあるだろうか疑問に思った。もしこの本に欠陥があるならばどんどん指摘していくべきであり、関係者がこの本を知らなかったならば、そのこともまた罪み深いものと思う。

福島事故は始まったばかりであるが福島原発事故による犠牲者数は500人以上であることが日本メディアからも海外に発信されている。日本語では決して報道されないのでほとんどの日本人は知らないであろう。しかし、関係者なら知らないことはあり得ないことであろう。
幹部社員による一人もいない説の根拠は何に基づくだろうか?それとも原子力村の住民による、鉄の掟というものが存在するものだろうか?

福島原発事故はメルトスルーという過去人類が経験したことのない最大の事故になった。廃炉が完了する時期さえはっきり言えない、収束するにはこれから何十年もかかるであろう。野田総理が冷温停止を宣言したが、それは格納容器が健全な場合に使える言葉であり、世界の専門家を驚かせた。
格納容器から外に出てしまった燃料をどうして回収するのであろうか?さらには4号機プールや共通プールの核燃料棒の移動などこれから長い困難な作業がある。そこまで考えなく自分の定年まで過ごせばよいと考えるならば無責任極まりないといえよう。⇒今朝読み返して言葉不足を補いました。

HOME |