謎に満ちたストロンチウム90の朝日新聞報道

  • 2012/07/25(水) 18:27:48

今日朝日新聞一面にストロンチウムの報道があったということで話題になっていた。朝日新聞を購読してないので、何か問題になったかと聞くと大丈夫という話のようであった。

昨年3月末、カリフォルニア州で福島由来のストロンチウム90が空気立法メートル当たりベクレルで測定されていたことを記憶していた。今頃になって、なんで一面で報道されるのかさっぱりわからなかったので、インターネットで調べた。

なんと昨年の4月のデータでびっくりした。どういうわけか最も大きい値が出るであろう、福島、宮城がなく、一番多く降下したであろう3月については一部だけの測定のためか、文章でもふれてない。

現在、国民が一番関心があるのはシラスやワカサギのような骨ごと食べる魚に含まれるストロンチウム90の濃度であり、単位はベクレル/kgで表示されるものである。
昨年秋ごろホタルイカにストロンチウム90が多く含まれるという報道があったが、ストロンチウムは水に溶けやすく、原子炉内では6%も存在するので、冷却水中に溶け、海水汚染が一番心配されている核種である。現在、三陸沖の魚の水揚げは活発化に向かっている。従って、福島県沖の海水のストロンチウム90の濃度については非常に注目されているところである。
海水が汚染されれば、魚の骨への蓄積が心配になる。ストロンチウムの生物的半減期は50年と長く、セシウムのような生物的半減期100日とは全く異なり、排出効果は期待できないとみなされる。
従って、毎日3ベクレル体内に取り込まれれば、年間では約1000ベクレルとなり、それ以降の取り込みも足し算で蓄積されていくので、長期間摂取による影響は大きい。

それゆえに今は摂取する食事中の放射性ストロンチウムに注目すべき時期である。今頃、昨年4月の降下量を報道するとはピンボケも良いところであり、謎に満ちた理解が困難な報道であった。

HOME |