国会事故調の報告書は「原発の安全」に何の役にも立たない 

  • 2012/08/20(月) 01:00:09

タイトルの言葉を私は原子工学の知識がないので使えない。原子力工学科出身で高速増殖炉の設計にも携わったことがある大前研一経営コンサルタントの言葉だから引用させていただいた。

国会事故調報告書のような膨大な文書を読む気はなかったが、読まなくても時間がたてば要点が整理されてメディア報道から分かる来ると期待して待っていた。

私は個人的に1-4号機がいずれも水素爆発ということは内外の核専門家の話や誰にでも理解可能なエビデンスから明らかにされるだろうと期待していたがメディアからの論調も全く変化なかったので、事故調も断定してないことが考えられた。そこで念のためチェックし、そのことについては1週間ほど前に本ブログに書いた。

それから国民的にもっと関心が高いのは事故の原因が津波か地震のどちらかという判定があれば分かりやすかったであろう。

東日本大震災は9.0という未曽有大地震といわれるが、これは遠方海域での地震強度であり、そういう意味で津波に対しては未曽有という言葉を使えるが、しかし、福島原発地域では6強の揺れであり、未曽有のという言葉を使えない。また、6強の揺れで壊れるならば全国の原発でも被害はいつでも起こり得ることを意味するので、全ての原発の根本的な見直しが必要となり、全国の原発の再点検が要求されるだろう。
先ごろ再稼働した大飯原発運転にも影響を及ぼすし、このままでいけば、浜岡も津波対策が終了すれば合格になってしまいそうだ。
この国民にとって最大の関心事を、人災というあいまいな言葉で評価したために、今後の再稼働において、最大の争点となる的がボカされてしまったように思える。

国会答弁を聴くとき思うのは、官僚用語というべきか、精神的な表現や、抽象的な表現が主体である。もっと、踏み込んで具体的な表現や具体的数値の目標とかすべきと思う。但し、そうすると攻撃の材料を提供することになるので、実現できなかった場合には、その理由をきちっと述べ、合理性があれば聴く側も理解しなければならないと思う。

ついでなので、脱線するが、日本の国会答弁は事前に質問することを決めていて、その答案を官僚が作文する。大臣は一字一句間違いないよう答える。もし、少しでも間違えれば非難ごうごうで辞職にいたることもある。海外では間違っても、今のはジョークだよといって笑って済ませてしまうこともあるのに。日本でもテーマだけで細かな質問内容を提示しないシステムにすれば、必然的に大臣もしっかりした自分の考えを持つようになると思う。基本的考えがしっかりしていれば聞く方も枝葉末節にこだわらなくなるように思うが。
衆議院と参議院と同じことを繰り返すことを改善し、国会の質疑も半分くらいにして、企業の管理職者のように政策決定に深く関与するように変えなければ、大臣は次官会議のピエロと思われても仕方がないと思う。

HOME |