メディア関係者へ、放射性物質飛散は全て整理し面で報道せよ

  • 2012/09/23(日) 19:46:39

「昨年3月12日午後3時に原発から北西に約5・6キロの双葉町上羽鳥で、毎時1590μSvを記録した。」と福島県が今月の21日公表した。それで県のホームページで調べたが見つからなかったが、幸い多くの新聞で報道された。

「東日本大震災で通信回線が途絶し、当時は把握できなかったが現地からメモリーや記録紙を回収し分析した。 原発の北西5.6キロの双葉町上羽鳥で12日午後2〜3時、原発敷地外で最高値となる毎時1590マイクロシーベルトを計測した。同日午後3時36分に1号機建屋の水素爆発が起きており、爆発前に放射性物質が漏れ出した状況が裏付けられた。」

とすると壊れた配管からかドライベント(ウェットベントは放射性物質が出ない。日本は放射能が出るタイプ)からなので、東電内の敷地内のどこかかにの計測機でリアルタイムに計測されていた筈である。
何故福島県のあるモニタリングポストでしかも1年半も遅れたのだろうか?東電関係者のコメントもなかったが、もし取材していれば、もっと高い数値があっても良いだろう。漏れ出した理由がドライベントによるかも分かるであろう。この時に出た核種に放射性ヨウ素の比率は多くなかったろうか?
新聞記事には東電関係者や核専門家からのコメントなかった。よって謎に満ちた報道といえる。

最近、福島のストロンチウムがチェルノブイリの1/2000、プルトニウムの比率は数字を忘れてしまったが低いとの報道があった。しかし、1年半もたった時点で土地での数値を言われても比較もできず、判断材料もない。

ストロンチウムは二価のイオンになるので一価のイオンのセシウムより溶けやすく、またセシウムのように陰イオンと強く結びつくこともない。土壌が酸性ならば水に溶け、川から海にながれてしまう。したがって、ストロンチウムが付着した土が中・アルカリ性あるいは酸性かで数値は大幅に変わってしまう。

沼のような水の淀んだところでは結構長い間残るかもしれないし、田んぼや畑でも中・アルカリ性なら長くとどまるので測定が必要であろう。魚の骨に入ると何年も骨にとどまり、排泄されないので骨ごと食べる魚には要注意であり、従ってシラスなどのストロンチュウムが測定されない限り、太平洋側の海域では原発から多くの核種が海に直接出ている可能性もあるので、太平洋側の魚は安全が担保されたとはいえない。

プルトニウムについて、事故直後、大学教授が重いから遠くへ飛ばないとウソを言った。しかし、放射性物質に国境はなく爆発後1週間後にはアメリカ西海岸に達し、モニタリングポストの値は過去20年間で最高値を示した。
1,2号機は通常の軽水炉であるが、3号機はプルサーマルタイプなので燃料にプルトニウムを多く含む、この点はチェルノブイリと著しく異なる。海外の専門家は福島ではα核種が多いと危惧している。公式発表でもプルトニウムの放出量は1.3兆ベクレルと報告された。

プルトニウムは水に溶けにくいので腸管から通常は吸収されにくいため害はほとんどい。心配すべきは肺胞に吸入されるプルトニウムである。
現時点では車のエアーフィルターでどれだけ吸着されるかを計測しておけば、一日に何個のプルトニウムを肺に取り込むかの予測ができ、有益な情報となる。

メディア関係者にお願いしたいことは放射性物質の報告は必ず面でして、点しかないデータだったら地図に測定点で示すこと。SPEED1やWSPEEDIについて補正なり修正して、核種ごとの分布をしめしていただきたい。それから生活者の視点に立ち、有用な情報提供していただきたい。内部被ばくと外部被ばくを区別して書かれるように願いたい。過去の報道と食い違い取り替える場合にも理由を説明していただきたい。

HOME |