「福島県民に無用の被ばくを避ける権利があるかどうかは分からない」

  • 2012/09/29(土) 18:16:52

タイトルは昨年7月高濃度の放射線に汚染された福島市渡利地区住民との対話に出席した原子力災害現地対策本部室長が住民との対話集会において使われた言葉(参考資料1)である。

今まで多くの大臣が失言で辞めたが、どの大臣の発言よりひどい発言だった。
役人であっても原子力災害現地対策本部室長という役職にあるものが住民説明会でこのような驚くべき発言をしたら問題になるのに、メディアが沈黙し続けたので、関心のあるヒト以外の国民は知らなかった。
知られなければ非難も起きようがないので、日本のメディアが世論を牛耳っていることは良く理解できる。
そのためにこのような発言も関係者以外のヒトにとっては闇の中にあり、不問になっていた。

本来は役人であっても役職の任にあるものは責任を伴うので閑職に左遷させられるのが常識である。
この人物が新設された原子力規制委の事務方(政策評価・広聴広報課 - 課長)として登場した。審議会の意見の集約は事務方が行うので、極めて影響力が強い。

更に原子力規制委員のうち4人が刑事告発されており、資格が問題(参考資料2)にされている。
このように委員と事務方と二重に問題のある組織から、健全な原子力政策が出る可能性はほとんどなく、限りなく住民の健康を軽視する、国民にとって危険な答申が出る可能性が最も高いといえよう。電力会社は当然逆の立場になるが、社員にも子供がいるので、同じ運命共同体といえよう。

民主国家では選挙しか政治を変えられないので早急な選挙を実施すべきである。

参考資料1:きいこちゃんのブログから
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2388.html
参考資料2:週刊金曜日の質疑応答.ー原子力規制委員会発足会見ー(音声)
http://www.youtube.com/watch?v=NpYeBBVNYTo&feature=player_embedded

HOME |