小児甲状腺癌疑い発生、成人の癌とは別の機構による

  • 2012/11/18(日) 11:31:31

今日の東京新聞によれば<「福島県が18歳以下の約36万人を対象に行っている甲状腺検査の1次検査で、がんの疑いがあり「直ちに2次検査が必要」と初めて判定された子どもが1人いることが17日、関係者への取材で分かった。 1次検査による判定は、しこりの大きさなどを基に、軽い方から「A」「B」「C」があり、今回の1人は「C判定」。
 9月の検討委では、緊急性は低いが念のため2次検査が必要という「B判定」だった1人が、甲状腺がんと判明したと報告された。だが、がんの状態から「震災以前に発症していた疑いがある」として、原発事故の放射線との因果関係を否定している。>

上記記事は長いので必要なところだけ切り取り載せた。 原文は河北新報と全く同じなのでメディアあてリリースされた文書とみました。

上記文では36万人と書いてあるが検査されたのはごく一部であり、既に8万人実施され二次検査中であるが詳細は不明である。今年3月までに終えた3万8千人の細胞診までが終了すれば8人(今年3月時点での発生率推定であり、発生率は時間経過に従い激増か?)の発生が見込まれると推定しブログに書いた。

今回は8月以降の実施分と想定されるが癌の疑いが強いと見なした根拠は何であるか興味がある。

文中ではチェルノブイリでは4年後から発生したと未だに書いているが、
これは阪大の高野医師による胎児性細胞から直接発生するという新しい発癌モデル(芽細胞発癌説)でしか小児甲状腺癌を説明できない。
一方、福島県健康委員会による住民説明会では甲状腺がんは若いほど癌の進行が遅いとか、予後も良好とか強調しているが、今まで得られたエビデンスから考えればその逆である。

甲状腺細胞が成熟化した後、従って分化した細胞がゆっくり癌化していく大人の甲状腺がんと、芽細胞が癌化していくのでは癌化のスピードが全然違うのに、なぜ未だに理解できていないのか不思議だ。
来年の甲状腺学会では両者の見解をテーマに是非シンポジウムを開いていただきたい。
またチェルノブイリ4年後説については、恐らく有意差がついた時期と思うが、菅谷松本市長がベラルーシで小児がん治療を施していた頃、ベラルーシの医師から入手した資料によれば、事故翌年より少数例の小児甲状腺がんが起きている。

HOME |