今回の選挙は原発が最大の焦点になるべきである

  • 2012/12/15(土) 00:24:35

福島原発事故から1年9ケ月が経過したが、被害の実態を氷山に例えれば、まだほとんどが水面下に隠れているので気が付かないだけである。もっとも放射能による被害は実に多様であり、例えば、植物や昆虫などで観察された奇形にしても、個体ごとに変わり化学物質で見られるような特徴ある奇形があるわけではないので分かりにくい。

更に、メディアも多くの専門家も沈黙しているので、やがて起こるかも知れない惨劇について、想像できていないのはやむを得ないかもしれない。
しかし、チェルノブイリ事故の教訓から、福島の将来を類推することは可能である。
それはチェルノブイリで起きたと同じ線量を福島で被ばくすればほぼ同じ影響が現れるというシンプルな考えに基づく。

大気中に放出された放射性物質の総量の推定はされているが、放出形態の相違(1回の水蒸気爆発に対し、ドライベント、配管漏れ、水素爆発、格納容器内核爆発と多種多数回放出)や人口分布など比較は困難である。むしろ個人の受けた被ばく量からの類推が有効な手段である。
その意味で先日発表された二俣町の子供のフィルムバッジによる線量測定は貴重な記録になるところであった。ところが測定は昨年6月から開始であり、最も被ばくした期間である事故直後から6月までの記録がないのであまり役立たない。
そういえば福島全県と宮城県の一部の地域の線量計は事故直後から何カ月間も故障の連続で新聞には計器故障と表示されていたことを思い出した。

しかしながら、受けた線量はγ線だけであり、被ばく影響という意味では全放射性物質の総合的な影響を類推できる染色体異常検査が有効である。チェルノブイリではかなりの論文が発表されているのに、福島からは全く報告がなく比較は不可能であることがわかった。なお、福島で染色体異常検査の報告が何故ないかは誰もが抱く謎である。⇒のNHKニュースを聞いていたら妊婦が出産前に染色体検査を受けられるシステムを今後作るのでダウン症などの事前チェックが可能になるとのこどであったので勝手に想像することができた(12/16)。

次にチェルノブイリの子供の甲状腺異常率に対して、福島の子供の甲状腺異常率は事故から1年半というのに、小、中の女児に関しては5割を超える高頻度で起こっている。この甲状腺の高異常率の評価は早ければ後1年、遅くても2年後には明らかになると私は予測しているので、今はこれ以上述べない。

結局、地表に降下した放射線物質の線量は両者ともにあるので比較可能である。それを見ると、福島の最も高濃度地域(原発から飯館村の一部までの約30kmの帯で一部切れ目あり)はセシウム137だけで比較してもチェルノブイリの最高濃度地域の10倍も高いことがわかる。このような場所は除染など考えられず初めから避難すべきところだ。

次に福島とチェルノブイリの類似した鳥類についての調査から福島の減少率が高いことが報告されたことである。

次に将来への予測であるが最も重要なことは9月22日のブログに詳しく書いたがウクライナのナロジチ地区(福島市の高汚染地区に相当するセシウム137が50万Bq/m2前後)では病気の子供の率が年々増加していることである。事故後何年間はほとんどの子供が健康だったのに年々悪化の一途をたどり16年後は80%の子供が病気だったのが、26年後の今年になると健康な子供がいなくなってしまったことである。

太平洋戦争では焼け野原となったが、国破れて山河ありという言葉の通りに速やかな復興が可能であった。
しかし、放射能に汚染された地域に病気の子供を置き去りにして復興などできるわけがない。
子供世代には責任がないので、チェルノブイリの再現を防止する責務は事故を起こした我々世代が負っている。
ナロジチ地区の実態を調査し、分析し、福島での再現を絶対に防止しなければならない。更に地震国日本で再び福島級の大惨事を起こしてはならないことは自明である。最悪のケースでは日本消滅もあるので、故に最も優先度の高い課題と思う。

HOME |