双葉町避難者の高死亡率は亜急性放射線被ばくか

  • 2013/02/12(火) 20:42:09

亜急性放射線被ばくという言葉は初めて聞く方がほとんどだと思うので、どうしてこの言葉が適切との考えにいたったかは後で説明します。

まずは、その考えるに至ったエビデンスより書きます。福島原発事故後、
双葉町からの避難者の一部1200人が、埼玉スーパーアリーナに避難されました。この中から167名の方が亡くなられました(参考資料1)。1年10ヶ月でこの人数は異常な高率であり、通常起こりえないにもかかわらず、既存メディアからの報道はない。
日本の人口は1億25百万人であるが年間の死亡者は1%の125万人でしかない。一方、双葉町の死亡率を計算すると14%となり、何らかの原因がなければ起こりえない数値であろう。因みにあるヒトの試算によれば世界で最も死亡率の高いスワジランド(南アフリカに隣接した国で、エイズ感染者が4人に1人)の4.5倍も高い。
わが国はいうに及ばず世界の国々において、災害時や、戦火を避ける避難生活などでの事例は数えられないほど多くの経験をしてきた。多くの場合ストレスは存在し、悪化の要因であることは否定しないが全ての原因であることは考え難い(参考資料2)。何故ならストレスだけでこのような高率な死者が出た例は過去にないからである。

それで何か因果関係がないか調べると、院長の独り言(参考資料3)に次のような記事があった。
「3月12日の一度目の水素爆発の際、福島原発から2厠イ譴秦侏嫩まで破片や小石が飛んできたという。
そしてその爆発直後、原発の周辺から病院へ逃れてきた人々の放射線量について、副院長の説明によれば十数人が10万cpmを超え、ガイガーカウンターが振り切れていたと説明した。
なおcpmはcount per minutes の略であり、100cpmは凡そ1μSv/hであることから10万cpmは1mSv/hに相当する。
また別にフォトジャーナリストの広河隆一さん達のグループも3月13日「原発から3km離れた厚生病院のところでガイガーカウンターの針(最大1mSv)がすぐに振り切れたということである。ところが、政府の発表からはそのような深刻な状況の説明はなかった」

以上のエビデンスから次のように考えた。
「日時が違い、距離が違っても、いずれも針がすぐ振り切れたことから毎時2mSvくらいの線量があったと可能性も十分あり得るであろう。もし1日このような線量であるならば1日で48mSvの被ばくになり、4日間で約200mSvの被ばくになる。
しかし、この200mSvは直接被ばくであり、そのほかに吸入被ばくや、食べ物や飲料水などを介する内部被ばくも加算される。 従って、双葉町住民の中で数百mSvから千mSv近くまで被ばくした方がおられる可能性も高い。」

高線量の放射線に一過性に被ばくした場合に起こる症状については次のように記載されている。、
「1Sv以上被曝すると、一部の人に悪心、嘔吐、全身倦怠などの二日酔いに似た放射線宿酔という症状が現れる。
1.5Sv以上の被曝では、最も感受性の高い造血細胞が影響を受け、白血球と血小板の供給が途絶える。これにより出血が増加すると共に免疫力が低下し、重症の場合は30-60日程度で死亡する。
皮膚は上皮基底細胞の感受性が高く、3Sv以上で脱毛や一時的紅斑、7-8Svで水泡形成、10Sv以上で潰瘍がみられる。
15Sv以上の非常に高い線量の被曝では、中枢神経に影響が現れ、意識障害、ショック症状を伴うようになる。中枢神経への影響の発現は早く、ほとんどの被曝者が5日以内に死亡する。」

また低線量を長期間被ばくした場合の変化についても細かな症状まで記載すれば一杯あるであろうが、一言で表せば100mSvで1000人に5人が癌のような致死的な影響を受けると言える。100mSvを基準に被ばく線量の総合計からあん分比例すればその線量における被害の程度は計算できる。

今回の双葉町町民は原爆のような瞬間的な高濃度のひばくでもなく、低線量の被ばくを長期間にわたり被ばくし続けることとも違い、両者の中間の被ばくと考えられる。即ち、原子炉の爆発の度にかなりの時間にわたり中程度の被ばくを重ねたと結果が主な原因であろう。

このような被ばくは形態にたいしては亜急性放射線ひばく(acute radiation exposure)の表現が適切であると提言する次第です。

参考資料
1.富山泰庸のブログ、
  http://tomiyama.laff.jp/blog/2013/01/post-2136-1.html
2.エビデンスに基づく考察:日付2012.3.23、震災後の疾病の特徴は心不全・  ACSと脳卒中
3.院長の独り言:日付2012.2.07

HOME |