内部および外部被ばくによる甲状腺癌の小児と成人の違い

  • 2013/02/25(月) 19:38:23

甲状腺癌は小児と成人では発症数が著しく異なるだけでなく、違いもあるので2011年発表されたレビューを中心(参考文献1)に福島原発事故との関連性がありそうなところを纏めた。

過去60年間における小児甲状腺癌の最初のピークは1950年代に起きた。
このケースは慢性扁桃腺炎や胸腺の過形成の治療などに当時レントゲン照射が盛んに行われたことからもたらされた。
この場合は放射性物質による外部被ばくによる影響と同じとみなせよう。
照射から発病までの潜伏期間は10−20年であった。
<註:現在は放射線遮蔽技術向上や甲状腺被ばくをさけているのでこのようなことはほとんど起こらないであろう。> 

なお、外部照射による甲状腺がんの発症については1982年Lee W.らが3000匹ものラットを使って、ヨウ素131の腹腔内投与と甲状腺へのX線の照射実験を行い、同じ放射線量ではむしろ外部被ばくの影響が大きい結果(参考文献2)が確認された。<註:種差があるので厳密な比較などできないが、初期外部被ばくの影響が意外に大きい可能性もあるかと思い引用した。>

次に起きたのはチェルノブイリ原発事故後によるもので、事故後4,5年後から認められ、ピークは1990年中ごろであった。

小児甲状腺がんと成人甲状腺癌の相違について次のように記述されている。
●見つかった甲状腺癌は子供(0-20歳未満)が成人(20歳以上-50)より大きいので、次に示すように、4cm以上の大きさは子供に多く、1cm以下の小さながんの比率は成人が多い。
                          
甲状腺がんの大きさ 4cm以上   子供30%、 成人15%
             1cm以下   子供 9%、 成人22%

<註:当時は甲状腺がんの発症を考えてなかったので初期の計測がなかった。従って、医学的な考察以前の問題と考える。また子供のがんの増殖速度は非常に速いことも示唆される。これら二つの理由で甲状腺がんの大きいのは子供という風な逆転現象が起きた。
何故こどものがんの増殖速度が早いかの根拠は大坂大学の高野医師による胎児性細胞から直接発生するという新しい発癌モデル(芽細胞発癌説)により説明できる。>

●子供の甲状腺癌はしばしば複数できる(multicentricity)ので手術の際は見逃しのないよう注意すべき。<福島でも結節がいくつも見つかった例を聞いたことがある>

●子供の甲状腺癌は頸部リンパ節転移を起こし易いが、遠位転移を起こすこともあるので、手術のタイミングが重要。

参考文献
1.Journal of Tyroid Research, Vol 2011, Article ID845362, F. Vaisman et al
http://www.hindawi.com/journals/jtr/2011/845362/
2.Thyroid Tumors following 131I or localized X irradiation to the thyroid and pituitary glands in rats, Lee W. et al: Radat. Res. 92, 307-309 (1982)

HOME |