福島原発での原因不明の停電より、南海トラフ地震を心配するNHK

  • 2013/03/19(火) 10:20:24

福島原発で停電事故があり、しかも原因がわからないということであった。万一に備え、満タンのためガソリンスタンドに行く前にその後の状況を知ろうと、朝7時のNHKテレビを見た。
冒頭から南海トラフ地震が起きたら被害額が220兆円にもなるので、その防止に多額の出費はペイすると受け取れるような内容であった。今後、地震対策に多額な土木工事を行われるのだろうか?各自治体や企業の対策も報道していた。

ところが原発被害やその対策報道が全くなかった。福島原発事故でも1号機からの放射能漏出は津波以前から起きていたという見解もあり、また震度7に耐えた原発はなかったという説もあり、南海トラフ地震で原発事故を全く想定しないことは一番重要なことを忘れているのではと思った。何故なら、村田元国連大使が言うように、地震により4号機の燃料プールの破壊から、連鎖して、ほかの原子力発電が事故を起こせば多くの人が日本を脱出せざるを得ないであろう。実際、オーストラリアに住むカルディコット小児科医は4号機爆発の恐れがあれば直ちに孫の住むニューヨークに飛び南半球に連れて帰ると公言している。これほど重要なことを無視してよいだろうか?

一方、東海大地震など40-50年前からまもなく起こるであろうといわれながら、未だに起きていない。東海大地震は南海トラフに包含されて衣替されたのだろうが、地震予知というのは今の学問レベルでは正確な予測は難しいようである。実際、阪路大震災も東日本大震災も予測されなかったのに起きた。

終わり頃になって、やっと福島第一原発での停電ニュースがあった。一番心配な4号機も4日間冷却されなくても大丈夫と説明された。また、原発事故後も度々停電が起きてきたが問題なかったことが報道された。

福島原発事故後の処理は現実に起きて対処の作業をしているのに、原因不明の停電が度々起きては大問題であるし、今回も今朝になっても原因がわからないとはあきれた。このような時は作業現場の最高指揮官の口からの説明を国民に伝えるべきと思う。少なくともいくつかの原因の可能性くらいは聞けるであろう。

フクイチからは毎時1千万ベクレルの放射性物質を空気中に放出し、更に海へは原発周囲に隔壁を作ることもせず垂れ流しであり、これでは将来太平洋沿岸各国からの巨額な賠償問題に発展しかねない。フクイチ事故の収束には東電まかせでなく国の総力をあげて取り組むべきだ。

HOME |