子供の対照群甲状腺検査詳細報告は速報より粗い

  • 2013/03/30(土) 11:08:13

今日の東京新聞2面に前回(3月9日)の速報より小さな紙面「 」で記載されていたのでおやという気持ちで読み、さらに吃驚した。
「5mm以下のしこりや20mm以下ののう胞の検出率
青森県弘前市 57.6%   1630人
山梨県甲府市 69.4%   1366人
長崎市    42.5%   1369人
<福島県   41.2%   13万3089人> 」

最も重視していた44名のB判定者の県別分布の記載がなかった。また年齢別の区分けさえなかった。

3月9日のブログに書いたように、A1とA2判定の間に境界値が設定されていないので、A1とA2数値を比較すること事態あまり意味がない。しかも,スクリーニングで5割以上の検出率があってはスクリーニングとしての価値が低くなってしまう。本来ならば詳細なプロトコールを事前に公表すれば有益なアドバイスが得られた出あろうに、これではほとんど参考にならないように思えた。
福島の子供の甲状腺測定結果は海外でも関心が高いので、試験結果(新聞では紙面の都合上止むを得ないが)はこのような概要でなく、詳細な報告書を日本語と英語で同時にインターネット上などで公表すべきと思う。

B判定者の県別分布や年齢別な仕分けがあれば考察も書きやすい。しかし、ないので、一応、3県の判定が均一に行われたという前提で本結果を考察すると。

被ばく影響は山梨県、青森県、長崎県の順であり、最も高濃度な福島が長崎よりむしろ低い(この差は僅少なので統計的に同じとみなせるが)という結果になってしまった。福島と他地域の甲状腺異常率では「福島とほぼ同等か福島の方がやや低い」と環境省は結論付けたと記載された。

福島の3万8千人の子供から、外科手術後の摘出部位の病理学診断で3名が、穿刺細胞診で7名が癌と判定されたエビデンスに対し、今回の少数例のしかもA2判定の結果から甲状腺がんの発症率に言及できないことは明らかである。

HOME |