郡山市の高校生の白血病死と原発との因果関係の証明について

  • 2013/04/07(日) 00:47:54

白血病死と原発との因果関係について、医師は「原発によるという証拠はない」弁護士は「原発によらないという証拠もない」と話している。どちらの言い分も正しい。
というのは、原発事故がない時代から、青少年に白血病死はまれであるが起きている。もし、放射性物質による被ばく経験がなければ、疫学的(統計的手法)により証明しなければならず、因果関係が証明されるまでに10―20年の期間を要するかも知れない。
幸いなことに原爆、水爆、原発事故の経験により、放出された放射性物質(ストロンチウム90など)が骨に取り込まれるとそこに長い間とどまり、ベータ線を放出し続けるので近傍にある骨髄の造血細胞が癌化し、白血病になることがわかっている。

Kiikochanのブログ(参考資料1)から広島とチェルノブイリのゴメリ<1平方キはロメートル当たり1キュリーから5キュリーの汚染地帯;日本基準では一般人の立ち入りが厳しく制限される区域>の小児白血病について次のようにまとめている。
「広島では被爆後2年で白血病が増え始め、6年目でピークを迎えました。
ゴメリ州立病院の子供の白血病も広島と同じ傾向<グラフを良く見るとゴメリでは1年目から増えていました。この項追記>をたどっています。」

以上の例は比較的高線量被ばく地で発症までの期間が短い事例に適用できるであろう。

歯のストロンチウム含量を測定することで因果関係の推定が可能となろう。タイミング的には歯の乳歯が抜けた時が最も採取が好都合であろう。保存した歯の証拠の証明も必要のケースも起こりえるので、具体的にはで歯科医師が中心とか、市民グループとか様々なグループで保存活動をしているので相談して見るのも良いと思う。

次に低線量被ばくについて、これまでも微量で持続的な被ばくによるリスクの指摘はあった。しかし、放射線による発がんの危険性は、100ミリシーベルト(100mSv)を下回る被ばくでは、他の影響に隠れてしまい証明が難しいとも考えられてきた。

ところがウクライナ放射線医学研究センターと米国立がん研究所が共同で実施した研究を昨年11月、ENVIRONMENTAL HEALTH PERSPECTIVES誌(参考資料2、3)に発表した。
チェルノブイリ原発事故の収束作業に関わった作業員約11万人<事故発生の1986年から90年までに、主に積算で200mSv未満の比較的低線量被ばくした人を対象にし、うち約8割は100mSv未満>を20年間にわたって追跡調査した結果、低線量の被ばくでも白血病の発症リスクが高まることが明らかになった。
発症者の半数以上は進行が緩やかな慢性リンパ性白血病だったが、中には急性白血病の人もいた。白血病になった137人は、事故後原発から30キロ以内で緊急対応に当たった人や軍人、原発の専門家だった。 
この成果は放射性物質による低線量被ばくへの評価だけでなく、コンピューター断層撮影(CT)装置など、医療機器による被ばく影響を評価する上でも適用できると著者らは主張している。
低線量の場合には発症まで年数がかかりそれだけ医療用被ばく量も増えるので識別が難しくなろう。

参考資料
1.http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1518.html
2.http://www.47news.jp/47topics/e/236010.php (日本文要旨)
3.http://ehp.niehs.nih.gov/wp-content/uploads/2012/11/ehp.1204996.pdf
(英文文献)

HOME |