福島の子供の甲状腺エコー検査結果の公表を急げ

  • 2013/05/04(土) 20:36:11

甲状腺がんの発表を遅らせても、1〜2年の時間を稼げるだけである。甲状腺がんになれば首の周りの腫れが大きくなるので、誰でもわかるようになるだけでなく、遅れれば遅れるほどリンパ節転移や肺などへの転移が起こり、危険性もます。

突然、大量の小児がんの発生が予測されると発表されても、2千万人近い子供の検査が必要となれば検査機器の確保や検査人員の問題も起ころう。甲状腺手術をするにしても対応できる外科医の確保の問題もあろう。対策は常に先手、先手という思想で、万全の準備をしておくべきである。

日本の将来を担うのは子供であり、何よりも子供の犠牲は最小限にすべき最大の努力をするのが大人の務めであろう。
一方、発表を遅らせるメリットは原発再稼働や選挙への影響くらいしか考えられないが、発想は大人本位のエゴイスト的発想だ。

原発事故が起きた2011年度(2012年3月末まで)福島の子供36万人のうち1割強3万8千人の甲状腺エコー検査を実施した結果、二次検査対象が186名出て、その中から穿刺細胞診まで実施したものが76名。その結果10名が癌の可能性ありと診断された。今年になってようやく3名については外科手術も実施され(手術時期は公表がないが昨年秋には終えていたような気がする)組織病理診断の結果も癌であることが確認された。残りの7名の手術は当然完了したものと想像する。それで、いつ発表があるか注意してきたが、一向に発表されない。県民健康調査室のホームページからは2011, 2012年度の一次スクリーニングの結果も削除されてしまった。

昨年秋ごろ甲状腺エコー検査の結果、甲状腺異常率が高いということに関して、海外からのコメントもあったが、今回、海外の反応も調べたが昨年末からはなくなった。しかし、発信がなければ反応がないのは至極当然である。

現状は環境省発表の対照群からも高いB判定者が出たという報告で安心感がひろがっているようである。ところがこれは大人と子供の甲状腺異常をごっちゃに考えることからくることを4/16ブログに書いた。

しかし、その考えは日本にこれだけB判定者がでたことは低線量被ばく地域からも5万人の甲状腺がんが発症し、高汚染地域から約5万人出るかもしれない旨4/19ブログに書いたが、この時期ではまだ精度が悪く、5年後になれば、かなり精度良く推定できると信じている。

第二年度(2013年3月末終了)は1月21日時点で9万4975名一次スクリーニングの結果、549名がB判定となったが、それ以降の実施者から200名を超すB判定者がでたということを聞いたように記憶している。更にC判定者も初めて1名出た(このヒトは外科手術を終え癌か否かの最終判定は出ている筈と思う。
第二年度の内のかなりのヒトは既に穿刺細胞診が行われていると思うが公表はないので推測になるが、B判定者からの癌化率が初年度と同じと仮定すると35名の可能性がある。

第三年度(2013.4〜2014.3)は高被ばくの可能性の高い、いわき市も含め15万人が想定されている。特にいわき市は高濃度放射性ヨウ素プルームが通過した可能性が高く。この市の甲状腺エコー検査結果報告は重要であり、注目している。

この市の甲状腺エコー検査結果によっては、茨城県をはじめ、東北・関東圏の子供の甲状腺エコー検査が急がれることにもなろう。

先に対照群とした地域の子供のB判定率が高かったことから、日本全体が放射性ヨウ素被ばくの影響も考えられる事態になった。特に弘前の子供では福島の子供より多くのB判定者が出たことに対しては、徹底的に解明(半減期1600万年のヨウ素129の測定を含め)すべきである。その結果により新たな対策が必要となろう。

いろいろなことが重なり、ブログ更新が遅れて申し訳ありませんでした。
また、トラックバックスが突然大量に連日来るようになり対応できなくなったので、受け付けを停止しました。また、コメントについては自動的に載せるのではなく読んで選ぶように変えさせていただきました。

HOME |