結城市副市長サイクリング大会で死亡(追加と修正)

  • 2013/07/29(月) 15:26:38

タイトルは今日(7/29)の新聞(茨城県版)に結城市副市長が昨日のサイクリング大会で死亡というニュースだった。49歳ということもあり、自転車好きということで長距離サイクリングにも常日頃から慣れ親しんだスポーツとのことだった。
最近ゴルファーなどのような野外でスポーツをする有名人の突然死のニュースが多い。
またバスやトラックの運転手が運転中に突然死する報道も多いが、事故の結果起きた被害に関する報道が主である。いずれの場合も、その後のフオローがなく作業中に突然死に直結するようなエビデンスの呈示が報道されることはほとんどない。

突然死は稀ではないがスポーツ中の突然死は年間約70例(参考資料1.
心臓突然死の原因3.スポーツの項に記載)しかないので稀といえる。
この場合、心臓の刺激伝導系における興奮伝達インパルスの遮断による心停止がかなりあるのではないかと想像している。

例えばAEDで刺激を与えたが心筋収縮が起きなかったというエビデンスがあれば心室筋における膜電位(心筋細胞の内側と外側の電圧差)が浅くなり(負電位が小さくなること)、脱分極ができなくなり、心筋細胞の収縮が不可能になることが想定できる。

スポーツ中の突然死の場合AEDを使用するケースは比較的多いように思うが、2年前福島の高校生がAED使用しても無効だったというニュースがあって以来、AED使用の有無に関する報道は一切なくなった。しかしこれでは、エビデンスの積み上げからの裏付け考察は不可能だ。

そこで考えられるのは実験面からの考察である。
新規の医薬品や農薬の場合には必ず動物試験が行われ、その結果に通常100倍の安全率をかけてヒトへの使用が認可される。

ところが、原子力発電所の建設では事故が起こらないという理由で動物試験も行われないため被ばく影響に関するデータは世界的にみても極めて少ない。
世界的にも法規制上では年間の許容被ばく線量が1mSvが主流であり、わが国の基準もそうである。しかし、癌以外のデータがほとんどないことを理由にヒトでの因果関係が証明されていないと主張されている。

豚の心臓はヒトに類似しているので実験的にセシウムを与え心電図のQT延長の閾値の量から用量反応関係の解析などの電気生理学的解析をすれば刺激伝導系の遮断による突然死の原因はあきらかになろう。

また、ECCRのBusby博士は心筋細胞は再生がほとんどないのでわずかな心筋細胞の壊死でも心不全が起こると主張している。従って、各種濃度のセシウム137で被ばくさせた後で、心筋細胞の光学顕微鏡的ならびに電子顕微鏡的に観察すれば心筋組織像からみた不全面での解析も進むであろう。

心筋梗塞や脳梗塞の実験的解析にはラットのような小動物でいけると思うが血栓形成の増悪因子であるMCP-1のようなサイトカインの定量をすれば心筋梗塞あるいは脳梗塞に関する血栓形成面からの解析も進むであろう。

ここまで考えたところで、琉球大学の蝶の研究費助成打ちり問題に気付いた。
昆虫での研究という安価な研究費で、しかも成果が出ても、人間との間にギャップから直ちに結び付けられない基礎研究に対しても、放射能の被ばく影響が明らかになることに結びつきそうな研究は迅速に研究費をストップされるという異常な事態に日本はなっている。福島の鳥や昆虫の研究をしているサウスカロライナ大学のムソー教授も2年目になると日本側の研究者からの協力が得られにくく(手弁当でしか協力できない状態か?)になったようである。福島には野生ザルが棲息しているので、その面からの日本の協力があれば国際的にも高い成果があるのに残念に思った。

1919年生まれの内科医であり、評論家でもある加藤周一先生が最近、書かれた本(参考資料2)から考察を書かれたブログ(参考資料3.ブログタイトル;逝きし世の面影)を読んで、現時点の日本の現状は1945年の敗戦直前と全く同じだということを知り暗澹とした。
⇒参考資料として提示しましたので、内容は割愛しますが、是非お読みいただければと思います。

私が小学校2年生の初夏には空襲が激しくなり、通学路も危険となったので、生徒は近くの集会所(今でいえば公民館に相当、雨をしのぐだけの粗末な建物だったが畳はあった)に集まり、先生が集会所に来てくれた。生徒は1〜6年生がひとまとめなので大した勉強はできなかったし、食べ物も少なく大変だったが、大人である先生が危険を引き受け、子供を守るという精神は立派だったと今つくずく思う。
あれから68年が過ぎ、現在の生活水準は格段に向上した。
しかし、今の大人は子供を大切にする精神を失ってしまった様である。交付金さへもらえれば、放射線に感受性の高い子供が被害を受けようが全くかまわない精神構造になってしまった。恐らく、子供に起こる被害など真剣に考えたくない、安全というヒトの考えがあればそれに盲目的に従うのが一番イージで楽をできるので、その選択しているだけのように思える。
本当に子供のことを考えるならば、チェルノブイリという先例があるのだから真剣に学ぶべきである。

チェルノブイリ事故後は先例がない暗闇状態であった。WHOは事故2年後に、原発事故作業員以外のひとには、これからも明らかな影響は出ないであろうと予測した。
しかし、子供の突然死が頻発してくると、バンダージェスキー博士は子供の突然死とセシウムとの関連を、病理解剖により必死に追求した。
結局、チェルノブイリ事故では100万人の犠牲者を出した。この100万人は医学誌などの報告も基にした集計であり、実数は何倍にもなろう。

福島原発事故による死者は一人も出ていないし、これからも出ないであろうという話は公聴会における電力会社の課長の話だが、この話を思いだしたとき、太平洋戦争末期において、竹やりで一人一殺と訓練していた青年団員を思いだした。これこそ、加藤周一さんのいう終戦間際の状態が現在と同じだということに通じるものと思った。

被ばく影響を隠ぺいし続けても、放射線による多様な生物影響は奇形や死という形で必ず表面に出てしまう。
従って、被ばく影響を隠すことでなく、正確に把握し、有効な対策を立てることが我々に残された道だろう。
そういう観点に立てば、研究費の使い方も180度変えるべきである。

即ち、被ばく影響を正確に把握することと物理的および生物学的にも放射能による影響を軽減できる研究こそ最も重点的に行うべきである。

例えばリニア新幹線を作ったところで、人口が大幅に減少し、健康な子供が半分になっては無駄な建設であること自明である。
日本人の能力が問われている問題と思う。

次は話題が変わるが、
子供の甲状腺がんは約10万人発生する可能性がある旨書いた以降の情報はあまりないが、次に述べるような散発的に入る状況は先の予測が甘すぎる可能性が高くなってきた。

福島の子供の甲状腺エコー検査をした医師によれば、まだ例数は決して多くはないが、ハチの巣のように見える例が約半数くらいあるということであった。しかし、このような報告は福島県立医大からはでていないので、更に例数を積み重ねたいということであった。しかし、ハチの巣状態の観察は別の医師も確認しているとのことなので、観察は正しいものであろう。初めての所見なので、発がん性との関連性は全く分からないが、今まで報告されていない所見が報告されるということは量的に強いのか核種の複合的相乗作用によるものか何らかの原因がある筈と思うし、良い兆候との予感はしない。

また郡山市の二次検査では3人中2人も細胞診診断で陽性(県発表では疑い)が出たので、その後の発表を遅らせたのか、検査の実施が遅れたために発表できなかったのか、どちらかであろう。

第3年度に入り、もっとも注目されるいわき市もこれから本格的に始まる。もし高率で起きるならば、この時のプルームは静岡県まで達しているので、関東圏を少し超す広範囲な検査が必要になろう。

久しぶりに書いたので書く項目が多くなり、複雑になってしまったためか、読み返したら論旨が明確でなかったのですっきりするよう修正しました(7月31日記)。
8月下旬になったら書ける余裕もできる筈なので、セシウムとカリウムのチャネルに対する差について、物理学および生理学面より書きたいと思っています。

参考資料
1.    http://allabout.co.jp/gm/gc/301874/
2.http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%8C%96%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%A8%E7%A9%BA%E9%96%93-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E5%91%A8%E4%B8%80/dp/4000242482
3.http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/28d14142157fc73bec08215e377cee06#comment-list

放射性セシウムによる心停止の理論的考察の紹介(プロロ−グ)

  • 2013/07/16(火) 12:50:55

2011年秋、福島の高校生が体育授業中に心停止し、先生がAED(自動体外式除細動器)で心臓を刺激したが心収縮がないまま死亡したという記事が新聞に掲載された。それを読んだ時、房室結節および心室筋における内向き整流型カリウムイオンチャンネルが放射性セシウムによって影響を受けたためにAEDによる効果が表れなかったのではないかと想像し、ブログに書いた。

7月14日学童の心電図QT間隔(Q波は心室が収縮を始める時の小さな波でその時点からT波の消失までの時間です)延長問題で話題になった茨城県取手市で臨床家による市民への講演会を聴講した。講演後、演者と次の会話をした。

「カリウムイオンとセシウムイオンのシーベルト値を基に比較するのは間違いであり、カリウムイオンチャネルを周期律表で2まわりも大きいセシウムイオンがうまく通れる筈がない。何故ならカリウムイオンチャンネルを1まわり小さいナトリウムイオンは通れない。実際、久留米大学生理学教室によれば1まわり大きいルビジウムが60%台、2まわり大きなセシウムが15%という記憶がある。事故後2年間生理学者からの提言を待ったがなかった。従って、生理学分野ではないがその領域に近い循環薬理学をやってきたものなので、自分が調べざるを得ないように思うと話したら、期待していますと言われた。」

20年以上も実験から離れ、後期高齢者になった自分なので重い気分も半面あったが、日々第一線で頑張っておられる開業医の先生に少しでも役立つ情報を提供できればとの強い思いで始めたら、すぐに日本語による素晴らしい考察(参考資料1)が見つかりました。

24ページにもわたる長文の考察でありますが、Bandazhevsky博士の体重50Bq/kgの内部被ばくで、8割以上の子供に心電図異常(参考資料2)が起きてしまうかについて、最新の生理学の知識を元にその可能性について考察しております。非常に謙虚な方で様々な気配りもされた上で、この考察の発表がこれ以上遅れては被ばく者の役に立たなくなってしまうという危機感から、この時期での公表に至ったようです。

結論は
「極く微量(体重当たり、50bq/kg)のセシウム内部被ばくで、心臓の刺激伝導路の機能障害が起き得る可能性が高い(但しいくつかの仮定条件があるが)。
QT延長症候群を引き起こしているメカニズムは、最新の医学知識と矛盾してなく、そのほかの疫学調査との整合性もある。」

上記の結論から導きだされた突然死を防ぐための生活上の注意点
「現行の放射性セシウムの食品基準値100ベクレル/kgを10ベクレル/kg以下に引き下げるべきだ。」<低いようだが福島県庁食堂では更に低い1ベクレル/kgなので知識のあるところは既に対応済みか>

参考資料
1.  http://blogs.yahoo.co.jp/geruman_bingo/8557672.html
2. http://radionucleide.free.fr/Stresseurs/smw-Galina Bandazhvskaya.pdf

原子炉廃炉ゼロ計画は日本消滅への道

  • 2013/07/07(日) 11:13:03

今日の新聞で日本の電力会社は一基の原発の廃炉計画もないことを知って呆然とした。

全ての生き物に寿命があることは誰でも知っている。同様に全ての機械にも寿命はある。
腐食しない金属はないし、摩擦を繰り返せば着実に其の部分は摩耗して必ず薄くなる。
原子炉には何万個もの部品が使われているので各部品について寿命があることは明らかである。部品は取り換えできたとしても原子炉本体は取り換え不可能である。よって原子炉には寿命があることは明らかである。

実際、現在使用されている第2世代原子炉の設計時の寿命は30年から40年であった。
その後、第2世代原子炉の多くはその活動寿命が50年から60年に延ばされてきているのが現状である。その理由は恐らく運営者が経済性の視点から正常運転時に原発事故が起きた例がないからという楽観的視点に立ちすぎていることが原因のように思える。
設計時には一般に相当過酷な想定をすると思われるので、若干の延長があっても即、事故になるわけではないが、地震などが来れば想定より小さな地震で事故が起こることは避けられないであろう。
実際金属疲労を専門とする大学教授が40年を過ぎた九州地区での原子炉の脆性破壊(ご指摘いただき訂正)について書いた文を読んだ記憶がある。
そういうわけで、設計時の思想を超えて運転している原発では震度6以下でも事故が起こる確率が高まりつつあり、廃炉しないで運転を続ければ事故の危険性は年々高まる。従って、廃炉計画は先手を打って進めることは日本壊滅から身を守る手段である。
原発事故は一旦起これば其の損害は甚大であることは、世界の保険会社で原発事故の損害保険をする会社が存在しないことからでも類推できるが、電力会社の責任負担能力を超えていることは福島原発事故で明らかになった。よって、原発廃炉計画(福島原発も含め)は国主導で進める必要があり、また、何も罪のない子供たちへの負担を回避する道でもある。

現状は新潟県知事のように原発事故の深刻さを理解しておられる知事もいるが、大部分の原発実施地域では将来のことを考えず目先の利益ばかり考えて行動している自治体長がほとんどと思う。

その最大理由は原発事故による健康被害についてはマスコミが抑えているので、被ばく被害の大きさを多くの国民がまだ認識できていないことにあると思う。
しかし、物事には隠せることと隠せないことがある。私は何度でも書いていることだが、ヒトが生まれることと死ぬことは隠せないエビデンスである。
従って、急激な人口減少という形で顕在化(チェルノブイリ原発事故では7,8年後)すれば、其の時には説明の言葉は不要となり、誰でも認識できるであろう。
しかし、其の時になれば多くの病人が出て、体力がなくなるであろう。廃炉を計画的に行えるのは体力のある今しかないであろう。またこの廃炉を進めることこそが、福島原発事故を起こし,多大な被害を与えた東日本の子供達に対する私たち大人の責任ある行動と思う。

HOME |