酪農家の方へ、尿から簡単に肉の放射能計算可能

  • 2011/07/23(土) 18:41:48

牛のセシウム137の半減期は60日なので、牛の体内に存在する全放射性セシウムの1/120ずつが毎日尿中に排泄されます。従って、尿中の放射線濃度を測定することにより、比例計算で簡単に計算できますので説明します。

式は次のようになります。

牛肉(ベクレル値/kg)X牛の体重(kg)X 1/120
=尿排泄量(L)X 尿の測定値(ベクレル/L)

牛の体重測定が必要(推定も可能,想定より少なめにしてください)
牛の1日の尿排泄量必要(雄、雌どちらが測定しやすいかも知りませんが)
         (測れない場合通常より2割位多めにしてください)
尿の放射能測定(水を測れるタイプが必要)
牛肉のベクレル値/kg(これが求める値)

次に具体的に計算するために次のように仮定してみます。

牛の体重は500kg;1日に排泄する尿量は2L;尿の放射能は20ベクレル/L
すると牛肉の放射能値(ベクレル/kg)次のようになります。

牛肉推定値(ベクレル/kg)=120/500X2X20=0.96X10=96ベクレル/kg

この計算では誤差(胆汁から便に移行する割合を無視しています)もありますし、私自身アメリカの基準170ベクレル/kgの方がより安全性が高いので、これくらいを目標に設定されておけば万一高い方に振れても日本の基準内に収まるであろうと思います。

もし高い場合60日たてばセシウム濃度は半分になります。ならない場合には餌もしくは飲み水から放射性セシウムあるいは環境中(舐めるなど)から摂取していることになります。

茶葉とか以前考えたこともありますので、農家の方という分類も作りました。
<引用はご自由に>

<<エネルギー省原発記事監視予算を福島の子供に使え! | ホーム | 奇形植物:行政職者は学問的事実を根拠なく否定できない>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<エネルギー省原発記事監視予算を福島の子供に使え! | ホーム | 奇形植物:行政職者は学問的事実を根拠なく否定できない>>

この記事に対するコメント

肉牛のセシウム排泄

牛の半減期は60日といわれていましたので1日1/120ずつ出ると60日後に60/120となります。
質問の件ですが、もし日本海側とか西日本で飼育すればほぼゼロと考えられますので、1年で1/2^6=1.5%まで低下しますので問題なくなります。

ところが周辺がセシウムに汚染されている地域ですと、飲み水、食べ物などから新たな摂取の可能性があり、なかなかおもうように低下しないかもしれません。

肉牛のセシュウム排出

肉牛のセシュウムが120日で半減するとして、放射性セシュウムを摂取し体内に蓄積した肉牛も、放射性物質を含まない飼料で1〜数年飼育すれば、
問題がなくなるのでは?

  • 投稿者: -
  • URL
  • 2011/07/26(火) 06:46:02
  • [編集]

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

  • 投稿者: -
  • 2011/07/24(日) 18:04:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |