肥料のカリウム比率を高くすれば放射性セシウム吸収低下

  • 2011/09/05(月) 21:21:40

昨日消費者のためにキノコは検査したものを使うようにと書きました。
新聞で話題になったのは野生のキノコでしたが、シイタケとかナメコとかキノコの種類によって多少デコボコがあると思いますが、キノコというものは微生物の菌糸であり、カリウム(原子の外側の構造が似ているためセシウムも同じ扱い)を好んで取り込む。この場合、土は勿論のこと空気中を舞うセシウム(高汚染地域など)も付着すれば取り込まれるようである。詳しくは昨日のブログを読んでください。

カリウムは肥料の場合カリと略すようで、加里と漢字で書く場合があります。
カリは陽イオンなので陰イオンの物質と一緒になったものが売られています。
化合物には塩化カリウム、硫酸カリウム、炭酸カリウム、ケイ酸カリウムなどがあります。それぞれに商品名がついているかもしれませんが、表示を見れば必ず化合物名が書いてある筈です。具体的な比率などは地質などで変わりますので農業相談員などにお聞きください。

それからもうひとつは9/10日号の週刊ダイアモンド誌に汚れる米という特集があり購入しました。その中で農家の方に書いておきたいと思った記事は浅川芳裕さん(農業経営者;副編集長)の記事でした。旧ソ連政府でさえ、事故発生から1ケ月後には15万平方km(日本国土の4割)の汚染地域を指定し、4−5月後には集落ごとの汚染マップも配布した。
対策の中で最も効果的なのは肥料の配合比(3大栄養素の窒素、カリ、リン酸)の変更だった。具体的な数字は作物および土質によって変わるので近くの詳しい方に相談してください。

それから放射能に汚染された表土を剥ぎ取りながら同時に地中深く埋設する反転耕という新たな農業機械を開発し、迅速に投入した。

農業機械メーカーの方は既に着手されてはいるかと思いますが、もしまだ未着手でしたら至急お願いします。表層に放射性セシウムがある間にする必要あるので。

翻って日本の現状をみると、入口の土壌調査すら不十分であるが推定すれば、チェルノブイリの汚染地域に相当する面積は5万平方km以上で、住民を避難させた半径30km圏内の17倍以上になる。

農地の汚染マップの完成と汚染軽減計画の策定を農民自身からも強く訴え、行動していくべきと思う。
<引用はご自由に>

<<新エネ100%の英電力ベンチャーが黒字経営 | ホーム | 高放射線地域住民のリンパ球は放射線の影響を受けにくい>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<新エネ100%の英電力ベンチャーが黒字経営 | ホーム | 高放射線地域住民のリンパ球は放射線の影響を受けにくい>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |