福島県民健康調査、WBC検査結果からの提言

  • 2011/10/22(土) 15:37:43

今日の新聞によれば<健康調査で6月27日福島県は20日、東京電力福島第1原発事故を受けた内部被ばく検査で、双葉町の男児2人の内部被曝線量が生涯で3ミリシーベルトと推定されると発表した。県は「健康に影響が及ぶ数値ではない」としている。 県は2人の年齢を明らかにしていないが「4〜7歳」としている。
 原発事故で被曝リスクの高い地域を中心に内部被曝検査を進めており、今回の2人は、6月27日〜9月30日に検査した13市町村の住民4463人のうちで最高値。他は2ミリシーベルトが8人、1ミリシーベルトが6人、1ミリシーベルト未満が4447人>

6月から始まったホールボディカウンター(WBC)検査で実施者が4463名とは余りにも少ない。このペースでいけば100年かかっても終えない。
できれば年内、遅くても来年3月に終えなければ、放射性物質はほとんどが排泄済みとなり、測定の意味がなくなる。一刻の猶予もないほど緊急を要する。

そのためには検査法を現在のWBC法から尿検査法に切り替えれば、多人数を同時に、安価に行え、WBCでは測定困難な赤チャンも幼児も行えるといった数々の利点がある。

なお、検出限界は1ベクレル/Lが望ましいが、時間がかかるなら2ベクレル/L
位に挙げても良いがそれが限界である。6ベクレル/Lは膀胱が前癌状態になるのでその1/3くらいの濃度はつかむ必要があろう。この方法を採用すれば年内にも終了可能となろう。

WBCを実施するなら、現在の様に千葉県などに行って測定するのではなく、ベラルーシで使っているようなバス搭載型WBCを早急に作り、市町村に出向き測定できるようにすべきである。尿検査である程度以上のものを放射線医学研究所などでも測る方向がよいだろう。

次に測定結果は実測値を提示すべきである。セシウム134と137のベクレル値と体重を示すべきである。ミリシーベルト表示はあくまで参考値でしかない。内部被ばくにおいて、ICRPモデルは300-900倍の誤差を生じる。日本での裁判例はないが、アメリカやイギリスの裁判において40連敗中の式を使うべきではない。

生涯3ミリシーベルトというようにどうしてもシーベルト表示したいなら、その計算式も示すべきである。何故なら子供の半減期は短いし、また子供の場合の預託線量も年齢によって変わるので、シーベルトだけの提示では実測値がわからなくなってしまう。

測定された数値は各個人に提示することは当然である。

<<精子の被ばくによる子世代のDNAへの影響 | ホーム | 新語「ミニホットスポットおよび人工ホットスポット」の提案>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<精子の被ばくによる子世代のDNAへの影響 | ホーム | 新語「ミニホットスポットおよび人工ホットスポット」の提案>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |