放射性瓦礫を全国へ拡散するな

  • 2011/12/31(土) 18:20:13

ダイオキシンをはじめとする毒物は有機化合物であり、全て何千度の高温にすれば無害なものとなる。
ところが放射性物質は原子核内の変化であるため何千度の高温にしても変化させることができない。

今セシウムを焼却すれば気化温度は671℃と低いため、集塵機での捕捉温度がそれ以下にならない限り、気体状態のため捕捉されずに飛散し、空気中を漂う塵に付着し、再び新たな放射性微粒子となり放射線汚染が焼却場から始まる。
即ち、日本全国の新たな福島化に始まりである。<海外では第二の福島化と言う>

ここで問題になるのは放射性物質の総量である。今月の文科省の発表によれば福島・宮城への放射性セシウムの降下量は2県を除く全国の県に対して47倍だった。
福島・宮城降下した放射性の2%を瓦礫として処分すれば全国の放射能濃度は倍になることを意味する。今全国の放射線濃度が2倍といったが焼却場を中心とした汚染であり、極めて濃淡の濃いものになろう。従って、もし、降下量の0.02%程度としても焼却場を中心としたエリアでは今までにない濃度が現れることがあるかもしれない。

その上、正確に量を把握できていない放射性物質(ストロンチウム、プルトニウムほか多数)がある。

放射性物質は拡散方向に持っていくのでなく、収斂方向に持っていくのが国際的な合意であるから、被災地に堅牢な施設を作り保管すべきである。

放射性廃棄物の全国拡散はまかり間違えれば私達の子孫への甚大な被害をもたらすだけにその責任は極めて重い。今回の原発事故では我々大人の世代がなんとか乗り切れればそれで良い思想が一貫しているようで嘆かわしい。放射線処理は一歩誤れば取り返しがつかないので、放射能汚染は我々の世代で完結させるように全力を尽くすべきである。後世代に負担を掛けてはならない。
以前も書いたが、「国破れて山河あり」太平洋戦争に負けても復興できたのはきれいな大地があったからであろう。

焼却するなら安全な焼却方法を確立する実証試験をして安全な方法をまず確立することが先決であろう。

上述のような実証試験結果を持てば論理的な反証もできようが,さもなければ、我が国における放射性廃棄物の処分は国際基準「ICRP Publ.77(1977)放射性廃棄物の処分に関する放射線防護の方策」およびICRP Publ.81(1978)長寿命性放射性固体廃棄物の処分に適用する放射線防護の勧告」にも適合する必要があろう。

<<福島放射線は既に14000のアメリカ人を殺した? | ホーム | 脳・機械・インターフェース(BMI)世界リードには医療特区必要>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<福島放射線は既に14000のアメリカ人を殺した? | ホーム | 脳・機械・インターフェース(BMI)世界リードには医療特区必要>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |