野生化被ばく牛の放射能は筋肉1800ベクレル/kg

  • 2012/01/18(水) 20:47:07

福島原発から半径20キロの警戒区域内で野生化した牛のモモ肉の放射性濃度が上記タイトルの数値であり、今日の東京新聞23面に掲載された。

本測定は東北大加齢医学研究所の病理学部門の福本教授グループが実施したが、放射性セシウムの生体への影響に関する研究などほとんどなかっただけに、88頭の牛の測定結果が得られたことは、極めて貴重と思う。

放射性セシウム濃度は血液が60ベクレル/kgであり、牛のモモ肉には血液の30倍の濃度、舌と肝臓は約10倍であった。甲状腺については蓄積<チェルノブイリでは最近になり、大人の甲状腺がんが増えているということで、ひょっとして蓄積するかもと私も想像した>が心配されたがほとんど測定されなかった。
そのほかの核種ではガンマー線を放出する放射性銀(11月10日ブログに記載)は肝臓に、放射性テルルは腎臓に蓄積していた。また牛の胎児の各組織における濃度は親牛の各組織濃度より3割高かった。このことは胎盤を通して胎児に移行し易いことを示唆する。
なお、精子と卵子も凍結保存し、人工授精も行う予定とのことで遺伝子に及ぼす影響もわかり本研究の成果に対する期待は大きい。

<<島田市がれき試験焼却に関するアドバイス | ホーム | 放射線量急上昇は瓦礫やごみ焼却による可能性大>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<島田市がれき試験焼却に関するアドバイス | ホーム | 放射線量急上昇は瓦礫やごみ焼却による可能性大>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |