放射線外部被ばく線量の安全巾(0.1-100mSv/年)の考察

  • 2012/01/31(火) 21:05:27

安全である線量として最も高い値を唱えたヒトはT大の放射線専門家が講演会のあとでの質疑で答えた数値が1000mSv/時間と驚くべき数値であった。しかし、その映像はすぐ削除されたので、うっかり間違いであったと解釈し、取り上げない。
500mSv/年まで安全と主張する専門家は今でもいるが少数意見なので省いた。
100mSv/年まで安全であるという説は現在、政府機関やメディアが公に公表している数値である。
1mSv/年は国際的に合意された安全基準であり、日本の法律もこの説に準拠してきた。
0.1mSv/年はドイツやEU内の幾つかの国で唱えられている説である。

日本でのコンセンサスの差は100倍あることになる。しかし、この巾は決して大きいわけではない。
なぜなら医薬や農薬では動物試験の結果からヒトの安全基準を決めているが、この場合、動物とヒトの種差の係数を10倍掛け、ヒトの個体差間を10倍とみなし、併せて100倍の安全係数をかけている。

放射線の場合、種差が10倍あるようには見えないが、個体差は10倍でなくはるかに大きいように思えるので、100倍の係数を掛けても合理的に思える。
したがって、100mSv/年だから感受性の高いヒトを保護するために、法律で1mSv/年に規制することは理にかなっている。
ドイツのようにかなり感受性の高いヒト(赤ちゃんのように感受性が高いヒトに主眼をおく)も守ろうという姿勢があれば0.1mSv/年という案が出てもおかしくない。

要するに生まれつきの素因や病気や栄養不足、体力消耗時などあるいはゼロ歳児のように感受性の高いヒトを守るという姿勢があるか否かで変わるであろう。

タミフルによる異常行動について、5年前に私が調べたところ約100万人に1人であり、統計処理などできる状態ではなかったが当時メディアは大騒ぎした。
100mSv/年説の拠り所ははるかに少数例から導きだされたものであり、精度は低いので、いかに安全側の立場にたって考えるかにかかっていると思う。

しかし、原発作業者以外のヒトにとって最も心配しなければならないのは外部被ばくでなく、放射性物質を体の中に取り入れたために起こる内部被曝である。
メディアもあまり取り上げないし、研究もあまりされていないようなので、情報を広範囲に収集したいと思う。

<<祝:内部被ばく研究団体設立 | ホーム | 福島の子供3765人の甲状腺を超音波検査悪性の変化なし?>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<祝:内部被ばく研究団体設立 | ホーム | 福島の子供3765人の甲状腺を超音波検査悪性の変化なし?>>

この記事に対するコメント

めぐさんへ

めぐさんは放射線のことをよく理解している方と思いました。確かに、放射線被害に関してはしきい値なしの直線関係(線量と被ばく被害)にあることが国際的には認識されています。したがって、低線量については我慢値と表現したほうが正確といえます。
一方、新聞を見ても、テレビでも例えば100mSv/年以下では人体への影響が認められない量なので何ら心配ないと表現をしています。また一般のヒトも我慢値と言われたらほとんどのヒトは納得しないと思う。そういった社会において、農薬・医薬の場合には100倍の安全係数をかけて心配を軽減している旨の説明をしたわけです。

放射線被害

放射線被害に関しては安全値、安全基準はなく、我慢値であると理解するのが通常だと思います。管理人様が「分かりやすく」という趣旨で安全という言葉使用されているのか不明ですが。
山下教授など、安全を強調する少数派がいて、それに乗る政府、首長、芸能人や文化人がいる。他方消費者も「安全なんですか?」と問うのをやめない不勉強が続いている。それが現状では?

ICRPも基準設定に社会的要因、経済的要因を考慮することを認めており、「科学的事実のみに基づく安全値」ではなく「科学的知見に加え、社会的要因、経済的要因などを総合的に勘案した、国の政策としての我慢値の勧告」であることを明らかにしているはずです。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |