文科省審議会早くも骨抜き、乳児用食品は100ベクレル答申

  • 2012/02/03(金) 23:53:41

「厚生労働省の諮問を受け、食品の放射性セシウムの新基準値案を審議していた文部科学省の放射線審議会(会長・丹羽太貫京都大名誉教授)は2日、乳児用食品と牛乳について、1キロあたり50ベクレルを100ベクレルに緩めてもよいとする答申案をまとめた。次回に最終案を厚労省に答申する。
 審議会では「乳児も含めどの年齢層でも、1キロあたり100ベクレルの食品を摂取し続けても、年間被ばく限度の1ミリシーベルト以内に収まる」との意見が大勢を占め、子供の健康は十分に守られるとの見解で一致した。新基準値案は農漁業生産者に厳しすぎ、被災地の復興にも影響を与える可能性があるとの意見も出た。」

12月21日ブログに「食品などのセシウム新基準の提示に対し、一歩前進ということで賛成意見を書い。その中で乳児用食品50ベクレル/kgは基準が甘すぎると思う。」と書き。その理由として次の2点をあげた。

細胞新生が盛んなため、大人よりはるかに被ばくの感受性が高いこと。もう一つは、乳幼児は乳幼児製品しかとらないことが多いことにある。そのため、放射線に汚染されない食品を摂取できる大人とは異なる。
それが新基準を示す前に100ベクレルに緩められてしまった。今回生産業者に配慮したという記述もあったが、最も重要視しなければならない乳児を軽んじる国に明るい未来があり得ようか?と暗い気分になった。

本来外部被ばくと内部被ばくでは同じシーベルトでも被ばくの影響は全然違いECRRでは300倍以上違うと主張している。この違いなど日本ではほとんど理解されてないので、今後も主張していかねばと思う。

<<福島の子供3765人の甲状腺を超音波検査悪性の変化なし? | ホーム | 鳥の被ばく影響は福島がチェルノブイリより大きい>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<福島の子供3765人の甲状腺を超音波検査悪性の変化なし? | ホーム | 鳥の被ばく影響は福島がチェルノブイリより大きい>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |