甲状腺エコー検査異常者は半年後に再検査を

  • 2012/04/29(日) 20:10:38

放射線情報(スピーディほか)はすべて公開せよ!というタイトルで書きだしたが、書き終えたらむしろ、後半に書いた子供のエコー検査異常の半年くらい後に再検査をすべきに重点をおくべきと心変わりしたので副題のカテゴリーに仕分しました。

昨日ブログに、首長会議発足式で小政党の党首が「文部科学省に要求しても開示されないので、首長なら電力会社も頭が上がらないので頑張って欲しい」と話したので吃驚したと書いた。
ところが滋賀県知事が要求しても対象地区外だからといって開示してくれなかったとの記事を読んだ。琵琶湖の水は関西地域の水道水の供給基地であり、原発からも30キロ圏内という至近距離にあり、更に吃驚した。何故なら、福島原発事故ではその10倍も遠い300キロ以上離れた静岡茶から放射能が検出されたことを忘れてはならない。

しかし、よく考えれば、偉いヒトが頼めば開示するとかそういう話ではない。そもそも安全院や文部科学省が決める権限などない。国民の税金で運営され、国民への情報提供を目的に税金で構築されたものである。情報提供に関し、自ら判断する裁量はなく、全てを公開すべきである。というのは放射能から逃げるということは時間がすべてである。それを1年後に開示されても、放射能をさけるどころの話ではなく、被ばく量さへもわからなくしてしまったと言える。何故なら、半減期8日のヨウ素など痕跡すら残っていない。

ついでに書くと、昨年、ヨウ素131が最も大量に飛散した日のデータが1年も伏せられていたと聞いた。
しかも、放射性ヨウ素と放射性セシウムでは分布状況(2012年4月1日放送、NHKETV)が異なっていた。その番組で放射能濃度分布の精密な資料は入手できていないと福島県被ばく管理アドバイザーが話していた。それにもかかわらず、福島県民の行動記録から被ばく線量を算出した結果、94.6%の県民の被ばく線量は5mSv以下であり健康被害があるとは考えられないと報告した。この報告により福島県民をはじめ多くの国民が福島原発事故の影響はほとんどないものと安心した。

しかし、細かな地域ごとの放射線核種や濃度が分からない状況でどうして、県民の行動記録から被ばく線量を計算できたのか不思議だ。こんなことは小学生レベルの問題だが、疑問の声があがらないのが不思議だ。
何も健康不安をあおるつもりはないがエビデンスに基づいた考察がなければ将来の予測はできないことを強調したい。

むしろ福島県の子供に実施した甲状腺のエコー検査結果(4月11日ブログ参照、この時は1万人台だったが現在3万8千人となったが異常率はほぼ同じ)は実測値(しこり(結節)や濾胞の大きさ)なので、貴重なエビデンスである。

福島の子供の計測は被ばく後なので検定の比較対照にはなれないことは明白である。よって、放射性ヨウ素の低い近隣地域(例えば秋田)の子供1000人位のエコー検査を実施すべきと思う。影響があった3割位の子供について2年後では、余りにも間隔がありすぎると思う。予防の視点に経ち、半年くらい後に測定すべであり、2回目の測定後はその結果を基に次の測定時期を決められればと思う。

このことに関連してピース・フィロソフィー・センターのブログに松崎道幸医師が詳しくコメント(最下段のURL)されているのでお読みください。
http://peacephilosophy.blogspot.jp/2012/04/blog-post_28.html

<<祝、脱原発を目指す首長会議(28日)発足 | ホーム | 放射線影響研究所が100mSv以下の発がんを公表>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<祝、脱原発を目指す首長会議(28日)発足 | ホーム | 放射線影響研究所が100mSv以下の発がんを公表>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |