福島県郡山市産豚肉から放射性セシウム107Bq/kg検出

  • 2012/05/25(金) 09:36:37

同市の養豚農家から出荷された豚肉から放射性セシウムの新基準値(100ベクレル/kg)を超えた報道が各メディア(例えば下段URLにも)から今週あった。それによれば、この豚肉は出荷差し止めとなり、飼育状況や原因を調査中とのことだった。

牛肉の場合には旧基準値の500Bq/kg超えもあったが、牧草から摂取されたことがわかっているので理解できる。豚の場合の飼料は輸入トウモロコシなどを主体とする配合飼料であるのでおやと思った。

井戸水をもし利用していれば測定する必要があろう。飼料については、輸入品であろうとも配合前の主要なすべての飼料を測定し、もし残飯のようなものを与えていたなら毎回組成は変わるので繰り返し測定する必要があろう。

混入ルートがわかれば人間の汚染ルートとの関連性も明らかになるので、原因調査により解明されることが非常に重要である。

なお、新基準値の100Bq/kgは厳しすぎるという考えのヒトも結構いるが、食品からの場合には体の中に入るわけなので内部被ばくとなり、この場合の被ばくの影響はECRR(欧州放射線リスク委員会)によれば外部被ばくの300倍くらい大きくなるとされている。
従って、規準値を超えの食品の摂取は避けるべきである。旧基準値は原子力推進団体であるICRP(国際放射線防護委員会)でさへ、原発事故後の緊急時対応として認めているものであり、平時に認めてない。

http://mainichi.jp/select/news/20120523k0000m040054000c.html

<<武田邦彦教授が腎臓結石で緊急入院 | ホーム | モザイク縦割り行政の弊害を断て−その1>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<武田邦彦教授が腎臓結石で緊急入院 | ホーム | モザイク縦割り行政の弊害を断て−その1>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |