被害地に瓦礫はなかった、壮大なフィクションだった

  • 2012/07/30(月) 04:05:35

北九州市の市民検討委員会が石巻市の瓦礫を調査したところ、宮城県は全量民間に業務委託を契約していて広域化に回す分が無いことが分かった。 女川町から東京都に運ぶガレキも同様で2重契約は国の交付金を2重に使う詐欺行為にあたる可能性(調査中)が高い。
詳しくは7月26日(木)衆議院第1議員会館12時半より;主催:政府交渉ネットでの議論で明らかにされたそうです。

NHKテレビなどで盛んに瓦礫の山を放映し、復興の妨げになっている。 従って沖縄までを含む全国で協力しなければならないといった論調があった。一方では、焼却することはミニ原発事故を起こすことにつながり、日本のみならず、世界各地で反対運動も盛んであった。
しかし、世界中のからの反対運動にも拘わらず、多くの首長は瓦礫焼却を決行することに決めた時になって、実は焼却する瓦礫がなかったとは、環境省、各自治体、メディアあらゆる関係者が何故知らなかったのだろうか?

このことは二重結婚詐欺と同じだ、宮城県の例でいえば既に民間業者に約2000億円で契約していて、地方自治体に出せる分は全くないのに出すという、見方を変えれば税金の二重取り詐欺罪にもなるであろう。
メディアの映像は瓦礫の山で地元が身動きも取れないといった迫力のある映像だったがあれはなんであったろうか?メディアにも責任の一端はあろう。

復興予算は11年度と12年度補正予算+今後積み上げられる予算を加えて、25兆円になるそうだが、この予算に群がりたい、関係者の分捕り合戦によって引き起こされたように思う。被災者の絆などではない、本音はハイエナのようにガレキ予算にむらがり、二重にかすめ取ろうとする、まさしく恥ずかしい行為でったのだろう。

本当に必要なものの計上は当然であるが、無駄なものは可能な限り省く努力をし、価格も引き下げる方向での努力をしていただきたい。
なぜなら 阪神淡路大震災の時の瓦礫の処理費用は2万2千円(トンあたり)、に対して今回は例えば宮城で5万円とか倍以上である。ところがその間、年金などはデフレ時代ということで少しずつ引き下げられている。

<<原発再稼働は核燃料廃棄物の処理とセットで提示を | ホーム | 東日本大震災後の循環器病死者3倍増の原因は低線量被ばく説が有力>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<原発再稼働は核燃料廃棄物の処理とセットで提示を | ホーム | 東日本大震災後の循環器病死者3倍増の原因は低線量被ばく説が有力>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |