書店で本が買えない!官民一体で検閲国家へ

  • 2012/10/30(火) 19:55:50

書店に本を卸す取次大手トーハンが、原発の裏側などを描いた書籍「タブーなき原発事故調書〜超A級戦犯完全リスト」の取り扱いを拒否した。
公序良俗に反する書籍でもないものを取次会社が拒否するのは、きわめて異例であり、まさに民主主義の危機である。

そういえばニューヨークア科学カデミー発行の「チェルノブイリ――大惨事が人びとと環境におよぼした影響:Chernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environment」の本では医学的に認められた死者が100万人であることが述べられており、福島原発後の日本人が緊急に読むべき本である。
英語版で既に発行されているのでロシア語との整合性はいらないようにも思うが、ロシア語の翻訳で時間がかかっているようで1年半たっても発行されてない。誰かは想像できないが、何か圧力をかける勢力いるのだろうか?

そういえば、放射線関係の日本文はウイキペディアをはじめ、かなり工作員により占拠されてしまったような気がする。私はそう感じたら、日本文を読むのを止め、英語版を読むことにしている。

私が小学生の時、xx海戦で大勝利したという大本営報道を毎回聞きながら、いつのまにか連日空襲を受けるはめになった。そうすると、敵を引きつけ一人一殺と言いだし、竹やり訓練をはじめた。このような大人を小学生は気が狂ったと思って見ていた。
原発事故における対処で、大人が子供に対し同じ過ちをすることがあってはならない。

<<想像を絶する甲状腺異常のもう一つの考え | ホーム | 想像を絶する甲状腺異常に関する第3の関与は放射性セシウム>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<想像を絶する甲状腺異常のもう一つの考え | ホーム | 想像を絶する甲状腺異常に関する第3の関与は放射性セシウム>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |