土壌セシウム99%除去技術、首都圏中小タッグで開発

  • 2012/12/30(日) 18:26:36

タイトルは今日の東京新聞1面記事からで記事は最下段の{ }内に示す。
放射性物資を消滅することはできないが移動ならできる。もし放射能物質を消滅とした記事ならインチキ<特殊な実験下では金でさえ作れるので、絶対のインチキでなく採算性まで考えた上での解釈において>であり紹介しない。

放射性物質処理の基本は濃縮であり、拡散ではない。濃縮すれば狭い場所にとどめられ管理が容易になる。一方、拡散しては放射性物質の管理ができなくなり、多くの住民が被ばくのリスクを負う。これは世界の常識であるのに、瓦礫焼却をして環境中に放射性物質をバラまき、世界の専門家から馬鹿か気違いかといわれているのが現状である。

このような時、基本に忠実な濃縮という行為は歓迎される。
新聞で99%除去したということは100倍に濃縮したことを意味する。本法はこれから福島で実証実験をするとのことで成功を祈る。

なお、今回濃縮で生じた保管施設が必要であり、早急な対策が求められる。福島原発近くの高濃度汚染地区では除染を諦め、保管施設にすべきだ。住民は町単位で新たな地区に移動し、その費用は全て国が負担すべきだが廃村になったところがあれば活用するとか、新たな工場団地を作るとか手段はいろいろあると思う。

{首都圏の中小企業が、北海道大とともに、土壌から放射性セシウムを除去する技術を開発した。従来の除染は土壌からセシウムを分離することが難しかった。新技術によって、被災地に積もった汚染物質を減らすことにもつながる。年明けにも福島県内で実用試験に入る見込みだ。
 土壌と固く結び付いたセシウムを分離するのは、埼玉県川口市の三央産業(平山善章社長)が開発した「ジェットバーナー」という装置。土や汚泥に高温で高速の燃焼ガスをあてて水分を飛ばし、同時に大半のセシウムも吹き飛ばす。
 極めて細い炭素の管「カーボンナノチューブ」を使ったスポンジが吹き飛ばしたセシウムを吸着する。北海道大の古月(ふうげつ)文志教授が開発した。セシウムを吸着するとされる顔料のプルシアンブルーと珪藻(けいそう)土も含まれている。
 ジェットバーナーで粉砕した後、通常のフィルターと特製スポンジの二段階でセシウムを取り除く。セシウムを吸ったスポンジは、押しつぶして体積を小さくできる。システム全体で99%のセシウムを取り除くことが可能だという。
 装置の価格は一日二十トンを処理できるタイプで二億円程度。運転コストは、人件費を別にすれば一トンの処理に三千円程度の燃料費ですむ。
 福島県出身の平山社長は「早く福島に持って行き、役立てたい」と話す。二つの技術を合体させたのは水処理装置を扱う企業、NSP(東京都港区)で、井戸康正社長は「体積が圧縮され、セシウムの濃度が高くなったスポンジを最終的にどこで処理するかが課題。最終処分場を早く決めてほしい」と話している。}

<<被ばく情報に関するメディアブラックアウトは不可能だ | ホーム | 放射性セシウムによる心不全の起こるメカニズムの考察>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/10/17(木) 16:32:26

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/10/18(金) 15:08:55

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/11/24(日) 23:25:36

<<被ばく情報に関するメディアブラックアウトは不可能だ | ホーム | 放射性セシウムによる心不全の起こるメカニズムの考察>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |