日本の報道自由度が22位から53位に急落、国境なき記者団声明

  • 2013/01/31(木) 17:28:57

急落の理由は福島原発情報アクセスがほとんどゼロ状態になったことによる(参考資料1)。
日本人である私でも、最近原発情報入手が極めて困難になってきていると思っていたら、世界のジャーナリストは事態を冷静にみていて、日本の評価を前年の22位から一挙に31番も下げ53位とした。この原因は原発報道の完璧な遮断に気付いたからである。
なお、53位より上位にはアフリカのボツアナやインドネシアの隣のパプアニュウーギニアなどもある。日本のジャーナリズムに働く者は報道の自由に関してはパプアニューギニア以下であることを自覚すべきだ。

日本における原発報道の手際良い、完璧な遮断遂行能力には、ナチスドイツの情報大臣であったゲッペルスもお墓の中で、自分より上手だと舌を巻いて感心しているのではなかろうかという比喩まであった。このような完璧な遮断の達成は電力業界だけでなく政・官・財・司法・メディア・学識経験者など何万人ものスクラムによってはじめて可能になったであろう。

原発報道に関する完璧なブラックアウトは世界の原子力村に住む人々に対し、もう原子力事故はどんな過酷な事故が起きても怖くない、日本を真似て行動すれば済むと自信を与えたかもしれない。
しかし、太平洋戦争の大本営報道を聞いて育った世代から見れば 、そうはいかないと思う。太平洋戦争でも初期を除いては連戦連敗だったのに連戦連勝だったと信じ込ませ、沖縄が陥落してからは一人一殺と唱えて竹やり訓練までに至った国民性、それから記者クラブ制度のようなメディアの一体化組織も日本固有のものであり、他国が真似することは不可能であろう。

なおニューヨーク州立大学のKarl Grossman教授(核問題に精通したジャナーナリスト)はフクシマから放射性物質が大量に放出され、また今も放出され続けているので、日本だけでなく世界中の多くの人々が犠牲になるであろうと述べた(参考資料2)。

参考資料 
1.Press Freedom Index 2013
http://en.rsf.org/press-freedom-index-2013,1054.html
2.Nuclear Hotseat #85: Journalist Karl Grossman Reveals 40+ Years of Nuke Media Manipulation
http://enenews.com/journalism-professor-goebbels-would-smile-in-his-grave-to-see-how-nuclear-establishment-handled-fukushima-disaster-audio

<<原発事故による健康被害はチェルノブイリより早く、心配者が増加中 | ホーム | 祝、福島健康調査に市民、研究者、医師による検討チーム発足>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/16(月) 06:01:44

<<原発事故による健康被害はチェルノブイリより早く、心配者が増加中 | ホーム | 祝、福島健康調査に市民、研究者、医師による検討チーム発足>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |