祝、福島健康調査に市民、研究者、医師による検討チーム発足

  • 2013/02/02(土) 10:32:03

昨日の毎日新聞によれば、「県民健康管理調査」について、内容や透明性に問題があるとして、タイトルのような独自の検討チームを発足させるための初会合を3日に開くとの記事があった。

「福島県民調査室」による調査に関する県の指名した専門家による検討委員会が約1年半にわたり秘密裏に準備会(秘密会)を開き、議事録から内部被ばくに関する記述を削除して公開するなど不透明な運営が次々と発覚している。これらの報道が公開されると今度は貝のように口を閉ざして、昨年4月以降の甲状腺検査結果がホームページから削除され、一次検査で425名の陽性者が出たのに二次検査の修了者は38人しか報告されていない。

福島の子供の甲状腺がんの検査状況は単に日本の問題ではなく、世界の甲状腺専門家から注視されているのに、誰も知ることができない。この異様な状態にオーストラリアらの小児科医カルディコット博士も来日し、日本の政界、メディア関係者と会おうとしたのに、その会見場に来たのは海外のテレビ局しかななく、目的を達成できなかった。
アメリカの甲状腺学会の会長であり、コロラド大学病院の内部分泌部門長であるBryan Haugen博士にカルディコット博士の来日報告と福島の現状を報告したら、同博士の回答{ }は次のようであった。

{カルディコット医師の評価について同意するとして、「子どもにこれほど多くの甲状腺結節と嚢胞が見られるのは、それが事故の直後だというだけに驚くほどだ」「この事実が広く知らされてないということ」にも驚くとした。彼はさらに「超音波技術は今日非常に正確になり、20mm以下の嚢胞は生体検査の必要はないが、固形の甲状腺結節は5mm以上であれば行う必要がある」と述べた。
ホーゲン博士は「チェルノブイリのあと、放射線医師は被曝線量を測定し、何人の子どもが結節を持ち、何人が癌になったかを調査し、放射線の子どもへのリスクを計算した。チェルノブイリでは多数の甲状腺結節が発見された、しかし、フクシマの結果はさらに多くの嚢胞のあることを示している。大きな違いではないか」と注意を促した。}

私たちは21世紀の情報社会に住んでいるのに、国境なき記者団はパプアニューギニアより日本の情報公開が遅れていると判断した。
福島県民の被ばく調査にしても協力者は5人に1人しかいないことも如何に信頼されてないかがわかるであろう。
かかる状況下にあって、下記{ }ニュースは明るいきざしであるう。

{「放射線被ばくと健康管理のあり方に関する市民・専門家委員会」と名付け、メンバーは国会の事故調査委員会委員を務めた医学博士の崎山比早子(ひさこ)さんや阪南中央病院(大阪府松原市)の村田三郎副院長ら10人。宗教学者として原発事故を巡る問題に積極的に発言している東京大の島薗進教授も加わる。中略
市民・専門家委員会の会議は公開で行う。問い合わせは環境NGO「FoEジャパン」(03・6907・7217)。【日野行介】}

<<日本の報道自由度が22位から53位に急落、国境なき記者団声明 | ホーム | 原発事故安全条約未加入のため海外からの賠償が巨額化か?>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<日本の報道自由度が22位から53位に急落、国境なき記者団声明 | ホーム | 原発事故安全条約未加入のため海外からの賠償が巨額化か?>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |