「子供達を放射線障害から守る全国小児科医の集い」の盛会を祈る

  • 2013/04/20(土) 17:03:35

現在広島市で日本小児科学会が開催されています。この機会を利用して、今日18:30−21:00にタイトルに書いた自主的な集会が開催されることにりました。

原発事故後いち早く日本小児学会より発信された150mSv安全説には疑問を持ちましたがその問題と、福島の子供3万8千人の甲状腺エコー検査で9人ないし10人の甲状腺がんが発症した問題(細かなことですが穿刺細胞診の診断精度は福島医大の8割でなく、発起人は9割としていましたので、イタリアだけでなく国際的にも一番多い確率かと思いました)が主要テーマのようです。

最初のテーマの150mSv以下安全説の根拠を知りませんでしたが、「統計学的には、約150mSv以下の原爆被爆者では、がんの頻度の増加は確認されていない」から来ていたようです。

私の認識は世界の標準の筈ですが、それによれば、100mSv以下でも閾値はなく、比例関係で起こることです。具体的に書くと、「100mSvで1000人に5人に癌が発症するので、10mSvでは1万人に5人、1mSvでは10万人に5人に起こる」ということです。

甲状腺の場合は放射性ヨウ素が吸収されれば、甲状腺に取り込まれ選択的に被ばくする。従って、全身でなく甲状腺等価線量で計算する。 ICRP 2007年改定版では、甲状腺の組織加重係数は 0.04なので、実効線量の100mSvは4mSvと等価になります。更に子供では放射線に対する感受性も年齢に応じて変わるので、私は最も感受性の高いゼロ歳児を想定し10倍という係数を掛けて考えています。そうすると赤ん坊は(厳密には等価線量も年齢で変わり、また生物学的半減期も年齢で変わるので複雑で計算できません)放射性ヨウ素を摂取すれば、大雑把に0.4mSvでも影響があろうと考えている。

β線被ばくは甲状腺組織に取り込まれた時、其の近傍の組織が最も影響を受けるのでγ線より係数をつけるべきと考えています。しかし、ICRP は2007年版でもβとγ線の違い認めていない。時間の関係で話す余裕はないかもしれないがこのあたりの議論にも注目している。

環境省の対照群の選定が正しければ、日本は福島だけでなく全国的に5.1mm以上の甲状腺結節を有する子供が1%にも達する異常状態になった。その辺の議論の進展にも興味があり、更に進んでは広範囲な検査に関する討論も期待したい。

もっとも今日は初回の集まりなので多くのことを期待してはいけないであろう。原発事故との関連を否定できないという考えの方が主流になれば、今回の集まりは成功というべきであろう。

<<小児甲状腺がん10万人発症の可能性に対する御意見賜りたい | ホーム | 福島の子供の甲状腺エコー検査結果の公表を急げ>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |