オバマ大統領がベルリンで核兵器の一段の削減演説

  • 2013/06/20(木) 08:47:02

オバマ大統領は4年前「核なき世界」の理念をプラハ演説で掲げたが、その理念を、6/19(日本時間今日未明)ベルリンにて改めて国際社会に提示した。

核爆弾も原子力発電も原理はアインシュタインの特殊相対性理論に基づく質量欠損による発熱であり、それによってもたらされる莫大な放射性物質(核種の組成は異なるが)が生成し、人類が受ける甚大な被ばく影響は同等である。違いは一瞬か年単位のゆっくりした進行かの速度でしかない。

大統領に就任後まもなく「実績がないのにノーベル平和賞を受賞したという批判」があった。しかし、先にブログに書いた原発10基分の風力発電設備をアメリカは昨年度達成し、世界一の座を奪った快挙がコインの裏側だったならば、今回は表側であったと言えよう。
軍縮実現には、ソ連との困難な交渉もあろうが、全ての第一歩は理念から始まる。これが偉大な一歩になることを期待したい。

一方、核および原発において、逆の動きをしているのは東アジアにおける各国である。

日本でも今回の福島原発事故による影響については未だに一人の死者も出ていないという有力議員もいる状態である。放射能被害についての実態はメディアから報道されないので其の情報だけを信じているヒトは未だに実態を把握できていないと思う。
しかし、報道がなくても死亡や出生児減少という隠せない数字が表面化し、様々な病気のヒトを身近に知ることになれば、多くのヒトも次第に認識してくると思う。

更に、今回の事故によるは被害は海洋汚染もあり、地球規模に及ぶことが明らかになるであろう。其の上、各国でも原発の老朽化や新設の増加により、新たな事故も頻発するようになり、何十年後かわからないが人類の英知により、核も原発もない時代が間違いなく来るであろう。

さもなければ、次に述べるアインシュタインの予言というエピソードが現実なものになる。
あるヒトがアインシュタイン博士に第三次世界大戦は例えば水素爆弾主体となるのか、どんなものになるか質問をしたら、そのことは私には全く予測できない。しかし、その後に起こる戦いなら自信をもって言える。それは石と棍棒による石器時代にもどるということであった。

<<昨年度アメリカは風力発電量(1312万KW)世界一達成 | ホーム | 甲状腺がん多発に対する体制(エコー検査、甲状腺穿刺、摘除手術)整備を急げ>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |